中学校生活で大きく変わるのは、数学や英語などの勉強面での変化です。小学校に通っていたときとは違い、自分で考えて勉強しなければいけません。

中でも、数学は格段に難しくなる教科です。そんな数学も、3つのポイントに注意すれば、つまずくことはなくなります。
 

1.正負の数の計算は、左右にいくつ?で考える

中学校の教科書には、正の数・負の数の計算は、次のように解くように書かれています。


(-12)+(+5)
=-(12-5)
=-7

あるいは、
(-2)+(-3)
=-(2+3)
=-5
などです。

ところがこの解き方だと、「“+”だったところがいつの間にか“-”になっている」と不思議に思いながらも解いていくことになります。

「(-2)+(-3)」という計算でも、いつの間にか「-(2+3)」と、「“-”が“+”に変わっている」ことに気づきます。

そうこうしているうちに、数学が苦手な子は「“-”は“+”に変えていいんだ(同様に“+”は“-”に)」というマイルールを勝手に作ります。

結果として、
-7-5
=-2
と、やり出します(正解は-12)。

ガイドが教えている生徒の中にも、学校の教え方に戸惑う子も少なくありません。しかし、案ずることはありません。正の数・負の数の計算は、数直線で考えるとそんなに難しいものではないからです。

正の数・負の数の計算をするときに考えればよいことは次の3つです。
  • 負の数は左へ、正の数は右へと考える
  • +(-1)とか-(+1)のように符号が重なったら+は無視していい
  • -(-1)は+1と考える(マイナスのマイナスはプラス)

以上の3点を守るだけで、正の数・負の数の計算は、驚くほど簡単にできるようになります。

たとえば、この問題では、
(-12)+(+5)
=-12+5
と書き換えます。

「左に12、右に5進む」と考えると「左に7」進んだことになるので、
=-7
で、計算終了です。

もう一つの問題でも同様に、
(-2)+(-3)
=-2-3
と書き換えます。

「左に2、左に3進む」と考えると「左に5」進んだことになるので、
=-5
で、計算終了です。

次は、残り2つの秘訣に迫ります!