画像説明23

アントニオ猪木もハリウッド映画に出演!

伝説の世界王者も50年代の映画に出演

前編では、映画に進出して俳優としても成功を収めたハルク・ホーガン、ザ・ロック、ストーンコールドを紹介しましたが、映画で活躍したプロレスラーは古くから存在しました。

最も古いところでは1950年4月に英国、同年6月に米国、54年10月に日本で公開された『街の野獣』(原題=NIGHT AND THE CITY)に“ポーランドの大黒柱”と呼ばれた伝説の世界ヘビー級王者スタニスラウス・ズビスコがロンドンのプロレス興行を仕切る往年の名レスラー、グレゴリウスという役で出演しています。

41年から95年まで黒人俳優として活躍し、60年公開の『スパルタカス』でカーク・ダグラス扮するスパルタカスと戦う剣闘士ダバダ役、ジョン・フォード監督の黒人差別に焦点を当てた西部劇『バファロー大隊』のラトレッジ軍曹役で知られるウッディ・ストロードはスクリーン・デビューした41年から62年までプロレスラーとしても活躍、46年から49年の3年間はプロフットボーラーとして3足のワラジを履いていました。

ジェームス・ボンドが活躍するイギリスの人気スパイアクション映画007シリーズでも大活躍したレスラーがいます。それは64年の映画の興行収益の世界第1位となった『007 ゴールドフィンガー』でボンドと対決するオッド・ジョブ役を演じたハロルド坂田です。坂田はハワイ生まれの日系二世で、48年ロンドン五輪に重量挙げライト・ヘビー級のアメリカ代表として出場したこともある日系レスラーの大物です。


アントニオ猪木がスクリーンで大暴れ!?

ハルク・ホーガンが『ロッキー3』に出演したようにシルヴェスター・スタローン作品に起用されたのは『パラダイスアレイ』(78年)のテリー・ファンク、アームレスリングを題材にした『オーバー・ザ・トップ』(87年)のスコット・ノートン。アームレスリングの世界選手権優勝、全米選手権3度の優勝を持つノートンは映画出演がきっかけでプロレス界にスカウトされて89年にプロレスラーに転向。日本でも人気を博しました。

さて、日本人レスラーでもハリウッド映画に出演した人はいます。それはアントニオ猪木。78年6月30日にアメリカ公開、日本では79年3月17日に公開された『がんばれ!ベアーズ大旋風』(原題=The Bad News Bears Go to Japan)にそのままプロレスラーのアントニオ猪木として出演し、名優トニー・カーティスと試合をして大暴れしています。猪木は76年6月26日に当時のプロボクシング世界ヘビー級王者モハメド・アリと格闘技世界一決定戦をやっており、世界で最も知名度のある日本人アスリートでした。この映画のDVDは『がんばれ!ベアーズ大旋風―日本遠征―』のタイトルでDVD化されています。



■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。