911を所有したかどうかでその後の人生が変わる!?

2004年8月に登場した997型911。当初は水平対向6気筒の3.6Lを搭載したカレラと、3.8Lを搭載したカレラSからラインナップされました。いずれもRR(リアにエンジンを搭載し、後輪を駆動)。
ポルシェ911undefinedインパネ

質感の向上が図られたインテリアは、素材から見直されました。メーターパネルには5つのメーターが並び、中央はタコメーターになります

2005年5月には4WDのカレラ4とカレラ4S(カレラ同様、Sのほうが3.8L)、2006年5月には3.6Lターボを搭載したターボと、ノンターボながらサーキット走行も楽しめるGT3が追加されます。

さらに2006年にはオープンカーとクーペのいいとこ取りのタルガ4と4S(4は4WDの意味。Sはカレラ同様3.8Lエンジン搭載)、2007年7月には最強の911たるGT2が加わります。

そして翌2008年6月にマイナーチェンジが行われ、エンジンは直噴の新型3.6Lと3.8Lへと進化。また、それまでの5ATに代わりダブルクラッチの2ペダルMT・7速PDKが搭載されました。

このエンジンやPDKが現行型である991型に引き継がれたわけですが、後期型は約600万円から。一方現行型(991型)の中古車は、2011年デビューということもあり、まだ1000万円以上しますから、予算に余裕があるなら狙い目です。
ポルシェ911undefinedシート

新開発のシートは996よりも取り付け位置が低くなりました。またフロントシートのバックレストのドア側に、頭部を守るエアバッグが組み込まれています

もちろん、997型の前期型でも十二分にポルシェ911らしさが味わえます。例えば一番新車時価格の安いカレラ(といっても1000万円以上!)でも、止まった状態から100km/hに達するまでの加速タイムは5秒、最高速度は285km/h。

また6MTモデルなら、PDKとか関係ないですから、積極的に前期モデルを選んでよいのではないかと。もちろん5ATでも十分速いですけどね。だって、ポルシェですから。

とにかく人生において、一度はポルシェ、それもボクスターやカイエンじゃなく、本丸たる911に乗っておくのは、その後の車人生における景色を大いに変えることになるはず。「911に比べたら……」なんて具合にね。

そもそも「ポルシェ911に乗っている」なんて車名を言えば、たいていの人はこのスタイルを思い浮かべてくれるでしょう。そんな車、ほかに何台あるでしょうか。

このように、しっかり調べてみればお買い得な車種は意外とあるものです。あなたも一度、探してみてはいかがでしょう。

【関連リンク】
カーセンサーnet
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。