スウェーデンマッサージとは

swedenmassageimage

スウェーデンの伝統的なマッサージ、スウェーデンマッサージを味わい、リラックスした時間を過ごすのも旅の楽しみの一つ 写真:Fredrik Broman/imagebank.sweden.se

日本でもお馴染みのマッサージといえば、足ツボ、タイ式、指圧といったところが上がりますが、海外リゾートのスパなどでは「Swedish massage(スウェーデンマッサージ)」もよく見かけます。世界的に有名なマッサージの一つで、その名の通りスウェーデンで生まれたマッサージです。この「スウェーデンマッサージ」という名称はスウェーデン国外で使われているもので、 国内では使われていません。国内では「クラッシック マッサージ(Klassisk massage)」と呼ばれることが多く、スウェーデンに昔からある伝統的なマッサージとして普及しています。

スウェーデンマッサージの特徴

スウェーデンマッサージは、創設者の人間の体には自然治癒力があるという思想を基としており、心と体を癒す健康法として有名。マッサージには、 肌に負担がかからない程度のオイルやクリームを使用し、ゆったりとしたリズムで身体の筋肉の緊張をほぐしていきます。筋肉や骨格に沿ってオイルを用いてマッサージをすることで、身体の深くまで働きかけていく手法は、痛みが少なく無理なく筋肉に深く働きかけることができるので、年齢を問わず人気があります。

スウェーデンマッサージの歴史

スウェーデンマッサージの歴史は、およそ200年前に遡ります。スウェーデンの体操の父と言われているPer-Henrik Ling(パール-ヘンリック・リング)によって開発されたという説が有力。

「マッサージ」という言葉は知らなかったリングですが、その代わりにスウェーデン語の「握力」という言葉を用いていました。この「握力」には、摩擦、押す、たたく、揉む、撫ぜるといった行為が含まれており、これらが現在のスウェーデンマッサージの手法に繋がっています。

スウェーデンマッサージはその後も発展を続け、現代のストレス社会に合ったマッサージとして、ヨーロッパを中心に人気です。

スウェーデンマッサージの効果

筋肉の凝りをほぐし、身体の疲労感を和らげる効果があります。さらに定期的に受けることによって、免疫システムの強化、ストレスや疲労の軽減、肩こりや筋肉の凝り、ホルモンバランスの調整、血行や呼吸に効果があると言われています。

スウェーデンでスウェーデンマッサージを試すには

Swdenmassage

ストックホルムの中心にあり、気軽にスウェーデンマッサージが試せる「アクセルソンスパ」

街中で気軽に受けられる……というよりは、大手ホテル内のスパでの施術が一般的。ホテルのレセプションもしくはスパで「スウェーデンマッサージ、クラッシックマッサージをお願いします」と伝えましょう。

■マッサージの時間

20分、50分、70分といったように時間設定がしてあり、旅の日程に合わせて選べます。全身マッサージを希望する場合は、最低でも50分ほどは必要な場合が多く、短い時間の場合は肩や腰、足といったように身体の一部分のマッサージとなります。

■マッサージの料金

大体目安で20分500~700クローネ、50分700~1000クローネほど。スパでマッサージを受ける場合には、この料金にサウナやプールなどの使用が含まれている場合もあるので、予約の際に確認するとよいでしょう。

■マッサージ時の服装

施術を受けるときには、基本的には裸です(プール併設の場合、ビキニショーツだけは着用することもある)。個室やホテルの自室で受ける場合はその場で服を脱ぎ、スパなどの場合はバスローブの貸し出しがあるので更衣室で着替えます。マッサージの際には、マッサージ部位以外にはバスタオルがかけられますので、身体が冷えることはないでしょう。

■同性のマッサージ師を希望する場合
基本的に予約をした時間にあいているセラピストが担当になります。そもそも女性セラピストが多いですが、同性を希望する場合は、予約の際に必ずその旨を伝えましょう。

ぜひ、本場のスウェーデンマッサージを試してみてください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。