拡張機能 cleary

拡張機能 cleary

定番だけど使い勝手が良いChrome拡張「Cleary」をご紹介します。「Cleary」は今見ているWebページの記事の広告などをなくし、シンプルに読めるようにするツールです。Evernoteに保存すれば、どこでも読めるようになります。じっくり読みたい長文のレポートなどを読む時に適しています。

このChrome拡張機能の優れている点は、2点です。

  1. クリックひとつで即座に広告などをなくした記事が読める。
  2. Evernoteと連携しているので、記事をEvernoteに保管していつでも読めるようにすることができる。

Clearyのインスト−ル

Chromeウェブ ストアからインストールします。インストールはこちらから
インストールすると検索アドレスバーの横に卓上スタンドのようなアイコンが現れます。これでインストール完了です。

Clearyの使い方

今、見ているWebページ上でアドレスバーの横にあるアイコンをクリックするとClearyを使うことができます。Clearyを使用する前と使用後は下記のようになります。
Clearyの使用前

Clearyの使用前


Clearyの使用後

Clearyの使用後


Clearyの効果的な使い方

Clearyの効果的な使い方は、Evernoteとの連携にあります。上記で紹介しているClearyの使用後の画像の右端にアイコンがあります。ここでEvernoteにこの状態のままクリップできます。また、重要な部分にマーカーなどを引いて記事を保管することもできます。実際には、下記のように保管されます。
clearyでマーカーを引く

clearyでマーカーを引く

Evernoteに保管した状態

Evernoteに保管した状態

上記のように重要な部分をマーカーした状態でEvernoteに保管されます。このような活用方法をすれば、Evernoteに自分だけの図書館ができます。

Clearyの活用シーン

Clearyを活用するシーンは様々です。主に下記が考えられます。
  1. 今後も見返したいと思った記事を見つけたとき。(重要だと思った部分にマーカーを引いて見返す。)
  2. とにかく情報収集に追われていて、広告などで集中力を削ぎたくないとき
上記のようなシーンで活用できると考えます。

おわりに

いかがだったでしょうか。今回は、拡張機能「Cleary」の効果的な使い方をご紹介しました。最後までお読み頂きありがとうございました。本記事を読んで、少しでも役に立ったと思いましたら「はてブ」「Twitter」「Facebook」のボタンをクリックして多くの皆様にこの記事をシェアして頂けると励みになります!




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。