パソコンを使うビジネスマン

パソコンを使うビジネスマン

Chromeに限らず、IEやFirefoxなどのブラウザには、マウスジェスチャーという機能を設定できます。マウスジェスチャーは、操作を簡素化し生産性が向上するというメリットがあります。ここでは、Chromeにマウスジェスチャーを設定する方法をご紹介します。

マウスジェスチャーとは

マウスジェスチャーとは、マウス操作とカーソルの移動などを組み合わせる操作のことを言います。例えば、マウスの右ボタンを押しながら特定の操作をすることにより、ページを戻ったり進んだりできます。基本的なマウス操作は、アイコンやメニューまでカーソルを移動して、右クリックで表示させたメニューを選択したりする必要がありますが、マウスジェスチャーを用いることで、マウスの位置を変更せずに、手元で素早く特定の操作を行うことができるようになります。

Chromeにマウスジェスチャーを設定する方法

Chromeに設定できるマウスジェスチャーは複数ありますが、ここではChrome拡張機能のCrxMouseをご紹介します。
インストールはChromeウェブ ストアから
  1. Chromeウェブ ストアからインストールします。(無料)
  2. インストールすると設定画面が出ます。
  3. 操作を確認します。
基本的なマウスジェスチャーは既に設定されています。自分がよく行う操作を整理して、お好みのマウスジェスチャーを設定することも可能です。以下に設定済みのマウスジェスチャーをご紹介します。

  1. 右クリック + 右にカーソル移動(次のページへ進む)
  2. 右クリック + 左にカーソル移動(前のページヘ戻る)
  3. 右クリック + 上にカーソル移動(上にスクロール)
  4. 右クリック + 下にカーソル移動(下にスクロール)
  5. 右クリック + 下右にカーソル移動(現在開いているタブを閉じる)
  6. 右クリック + 下右上にカーソル移動(新規タブを開く)
以上、基本的なマウスジェスチャーをご紹介しました。この他にも基本的なマウスジェスチャーは設定済みです。設定ページは英語ですが、感覚的に理解できる内容になっています。

おわりに

いかがだったでしょうか。今回はChromeにマウスジェスチャーを設定する方法ををご紹介しました。業務の効率向上の参考になれば幸いです。

本記事を読んで、少しでも役に立ったと思いましたら「はてブ」「Twitter」「Facebook」のボタンをクリックして多くの皆様にこの記事をシェアして頂けると励みになります!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。