好きな人ができた時…。必ず自分の想いを相手に知ってほしいと思いますよね!
「告白しよう!」そう決断まではできるのですが、決断後に悩んじゃうのが、「どんな風に告白しよう…?」だと思います。きっと誰もが同じような悩んだ経験があると思います。せっかく告白するならば、その告白もぜひ成功させたい!と誰もがそう思いますよね。お付き合いに至るまでの過程と告白成功の方法をお伝えします。

相手の「聞き役」になるだけではアプローチできない!

自分の印象を悪くしてしまっている逆効果アプローチをしていませんか?

自分の印象を悪くしてしまっている逆効果アプローチをしていませんか?

好きな人ができた時、とにかく相手の事を知りたい!という思いが強くなり、より積極的にコミュニケーションを取ろうと、相手に話しかけたり、アプローチしたり、うまくいけば2人きりでデートできたり、ご飯を食べに誘う…という展開までは、あまり難しくないと思います。ですが、その先に待つ過程の中、つまり実際会った時の態度や会話の中で、逆効果なアプローチをしていることってありませんか?

よく「聞き上手な人はモテる!」という言葉をよく耳にすると思います。例えば、聞き上手な人の事を、相手の話を「聞く」と認識している場合。確かに相手は「自分の話を聞いてくれている」という気持ちにはなるのですが、逆に「自分ばかり話をして、相手は楽しいのかな?」という錯覚に陥ってしまいます。

聞き上手な人とはただ相手の話を「聞く」だけでなく、その話に合わせた会話ができる人のこと。そう認識することで、「自立した女性」という印象を相手に持ってもらうことに繋がり、より楽しいひとときを過ごすことができれば、「もう一度会いたい」という気持ちを相手に抱かせることができる近道にも繋がります。

ただ「相手の話の聞き役のみ」になって、自分自身の事を話せない状況を作ってしまうと、うまくアプローチできません。相手には、異性としての魅力を伝えるどころか、「印象の残らない人」「一緒にいても楽しいと思えない人」というイメージを植え付けてしまいます。

また、相手の話に対しては、必ず「うん、うん」と頷きや相槌、笑顔で相手の話を聞くことも大切です。
相手が話をしてくれたことを解釈・要約して返したり、オウム返しで聞き返す態度をとることで、「話を聞いてくれている」という思いが相手の中で強まります。それにより「自分の話を親身に聞いて、理解しようとしてくれている」という一生懸命さが伝わり、「楽しいコミュニケーションができているな」という気持ちを抱いてくれれば、相手の中であなたの印象がポジティブなものに変化していきます。
それこそが、相手との距離感を縮める大切なアプローチの一つになります。