ニュージーランド旅行前にチェックしておきたい通貨・両替事情

ニュージーランド現地の銀行で両替するとお得

ニュージーランド現地の銀行で両替するとお得

海外旅行へ行くなら、現地通貨を事前に準備しておくと安心ですよね。でも、ニュージーランドの現地通貨、ニュージーランドドルは日本で両替するよりも、現地で両替する方がずっといいレートで両替できるんです! この記事ではそんなニュージーランドの両替事情や通貨、クレジットカード事情について紹介します。


ニュージーランドの通貨

ニュージーランドの通貨はニュージーランドドル

ニュージーランドの通貨はニュージーランドドル

ニュージーランドの通貨は、ニュージーランドドル(1ニュージーランドドル=約81円/2017年8月現在)。紙幣は5、10、20、50、100ドルの5種類で、コインは10、20、50セント、1、2ドルの5種類があります。

バスやタクシーなどに乗る場合や、マーケットなどの出店ではお釣りの紙幣が足りなかったり細かくなるので、100ドル紙幣は嫌がられたり、場合によっては断られることもあります。100ドル紙幣だけで持ち歩くのではなく、20ドル紙幣も多めに持ち歩くようにすると便利ですよ。


お得なのはニュージーランドでの両替

レートは店頭に表示されている場合が多い

店頭に表示されているレートを確認しよう

前述の通り日本で事前に両替する必要はありませんし、するとしても100ニュージーランドドル程度にしておきましょう。ニュージーランドに到着し空港で少し余裕があるなら、まずは空港で両替しておくのがおすすめ。

日本円からニュージーランドドルへは、現地の銀行や市内の両替所、ホテルなどで両替できます。通常、一番レートが良いのは銀行で、どの銀行でもほとんど違いはありません。次に良いのが両替所で、ホテルの両替レートはあまり良くありません。

ただし、空港を除く銀行の多くの店舗は平日のみの営業なのでご注意を! 両替所なら営業時間も長く、週末も開いていることが多いので、急いで両替をしたい時には便利です。銀行は、市街地だけでなく大型ショッピングモールなどにも入っており、簡単に見つけることができますよ。待ち時間もほとんどありません。

その日の両替レートは銀行、両替所共に表示されているので、比較してみるといいですよ。両替レートは、通常、BUY、SELLと表示されており、現金をニュージーランドドルに換金する場合は、BUYと書かれたところのCASHの両替レートを確認します。両替にはパスポートが必要です。少し手数料がかかることもあります。


ニュージーランドのクレジットカード事情

クレジットカードに海外キャッシング枠があれば現地で現金も引き出せる

クレジットカードに海外キャッシング枠があれば現地で現金も引き出せる

ニュージーランドでは、日本以上にカードでの支払いが普及しています。ほとんどの人はクレジットカードかエフトポスと呼ばれる銀行のキャッシュカードを持っており、カードで支払いをするのであまり現金を持ち歩きません。それこそ、数ドルの買い物でもカード払いをします。

ほとんどのお店やアクティビティの申し込みはクレジットカードを利用できますが、週末に開催されている野外マーケットや露店などでは利用できません。また、JCBカードは使用できないことも多いので、持ち歩くならビザカードかマスターカードが安心です。クレジットカードに海外キャッシング枠があれば、ATM機で現金を引き下ろすこともできます。

クレジットカードを持っているのであれば、それほど現金を持ち歩く必要はありません。5、6日程度の旅行でしたら、300ニュージーランドドル程度を現金で持ち歩き、後はクレジットカードで支払うようにすると良いですよ。

余った現金は銀行で日本円に再両替することもできますが、手数料もかかるので最後のお土産を購入するのに使ってしまいましょう。会計時に現金を先に渡し、残りをクレジットカードで支払うようにすれば、うまく使い切ることができます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。