アウトドアウェアの基本は「レイヤリング」

ピークパフィーマンス

アウトドアウェアの基本は「重ね着」です

レイヤリングとは、「重ね着」のこと。山など標高の高い場所は1日の気温差が激しく、体温調節が難しいもの。

アウトドア用のウェアは、寒いときに暖かく、暑いときに涼しくするための機能が充実していて、活動中の体を温めながらも、なるべく汗をかかないことを重視して、もし汗をかいてもすぐに乾いて体が冷えないように作られています。

正しい重ね着でこまめに体温を調整することにより、気温差のある場所でも快適な着心地が実現します。まずはレイヤリングの基本についてご紹介しましょう。


レイヤリングの基本ウェア3種類

レイヤリングの構造は、主に次の3種類。肌からの汗を吸い取り、すぐに乾かす機能を強化したベースレイヤーと、その上に着る防寒着の役割を持つミッドレイヤー、そして一番上に着るレインウェアなどのアウター。これらを組み合わせることでウエア内の環境を快適な温度に保つことが可能です。それぞれのレイヤーについて詳しく紹介します。

【ベースレイヤー】
肌の上に身につけるアンダーウェア(下着)など、レイヤリングの一番内側を担うのがベースレイヤー。登山などの運動中に生じた汗を吸い取り、繊維の間に拡散してすばやく乾かす機能を強化させ、体が冷えるのを防いでくれます。

素材は、夏ならすぐ洗えて耐久性も強い化繊、冬なら保温効果が高く肌触りのよいウールがおすすめ。綿素材の下着は汗を吸うと乾きにくく、体が冷える原因になるので避けましょう。

【ミッドレイヤー】
ミッドジャケット

ポリエステル素材で防臭性も人気のミッドジャケット  (Peak Performance)

ベースレイヤーの上に着る保温効果のあるウェア。シャツやフリース、ダウンジャケットなどの防寒着や、ソフトシェルと呼ばれる防水防風効果のある中間着のことで、暖かい空気を蓄える特徴があります。

ベースレイヤーからの湿気、水分を外に逃がすために通気性・透湿性に優れています。だからミッドレイヤーだけでは風が吹くと寒いのです。この上にアウターを着ることで保温効果を発揮します。

ミッドレイヤーの種類としては、保温効果がもっとも高いダウンジャケット、濡れても保温効果が落ちにくい化繊入りジャケット、多少かさばりますが伸縮性が高く動きやすいフリース、完全防水でなく撥水効果のある極薄素材を用いた軽量ジャケットなど多様です。季節や気温環境などによって使い分けることで様々な気候に対応することができます。

【アウター】
W Pace Jacket

ゴアテックスを使用したレインジャケット  (Peak Performance)

主に春夏に使用するアウターといえば、レインウェア。ミッドレイヤーが蓄える暖かい空気を逃さない防風性や、ウェア内部を濡らさない防水性、そして濡れても暑くても蒸れない透湿性などの機能が重要。一番上に着るものだから、機能はもちろん色やデザインなどにもこだわって、気に入ったものを揃えましょう。