やっぱり安心、日系航空会社JALやANA

jal

やっぱり安心、日系航空会社便!

日本人の乗務員が搭乗しており、日本のサービスが空でも受けられる日系航空会社は、旅慣れていない場合や語学に自信がない場合には、やっぱり安心です。JAL、ANAの両航空会社ともに、ヨーロッパの主要都市であるロンドン、パリ、フランクフルトなどに数多くの便を運行しており、これらのフライトルートを利用して、乗り継ぎ便によりスウェーデンへのアクセスが可能。各ヨーロッパの都市からのスウェーデンへの乗り継ぎ便は、提携航空会社のコードシェア便になる場合もありますので、チケット購入の際に確認をしましょう。

日本航空はフィンランド航空と共同事業を展開しており、既にサービスを開始しています。これにより、日本航空の自社便に加えてフィンランド航空とのコードシェア便も利用できるようになり、ヘルシンキ経由でのスウェーデンへのアクセスがとても便利になりました(日本‐ヘルシンキ間のJAL便は、東京発のみ)。JAL便を利用したい場合は、チケット予約時にしっかり確認をしましょう。

時間はかかるけど財布に優しいアジア系航空会社

ここまでが一般的であり人気のあるルートですが、他にもロシアや中国、タイなどのアジア系の航空会社を利用してスウェーデンへアクセスすることも可能です。これらの航空会社は、時間が大幅にかかる変わりに、リーズナブルな値段の航空チケットを見つけることができます。時間があり、チケット以外のところにお金をかけたいという方は、料金とフライトスケジュールを吟味すると、思わぬ掘り出しものがみつかるかもしれません。

遠いイメージのあるスウェーデン、思っていたよりも近い感じがすると思えてもらたでしょうか。旅行の日程や予算などを考慮して、旅の目的に合った方法を選んでください!

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。