初対面であなたの印象がきまる!?

初対面であなたの印象がきまる!?

「男性の友達は多いのだけれど、恋愛対象としては見てくれない」。そんな風に思うことはありませんか?その原因のトップにあげられるのがNGワード。特に男性が嫌がるNGワードを5つ、あなたにこっそりお教えします。

初対面の印象がその後の二人の関係に大きな影響を与えるのは当然のこと。初対面の時点で、相手に恋愛感情を抱くかどうかで男女の関係も決まるものです。たった5つのNGワードを心得る事で、あなたの言葉が思いやりある言葉や会話に変化し、初対面の男性に「また、会いたい!」思わせる事が出来るはずです。

1 過去の「恋愛歴」は口が裂けても言ってはダメ!

これは恋愛の常識です。男性は自分だけを見つめてほしい、そう思っているのです。一番気をつけたいのは、恋愛経験を得意げに話すこと。いくらモテることを自慢したくてもそれは逆効果。
「あの人とは何年つき合って、こんな理由で別れたの」などと言おうものなら、次は自分の番かと引いてしまいます。聞きたがる男性には適当に答えておけばいい。情報は最低限、与えておけばいいのです!

2 「何で彼女がいないの?」はご法度(はっと)

この言葉、主に2通りのケースがあります。
褒め言葉にとらえる人もいますが、第三者的な印象を与えるこの言葉は完全に「近所の世話焼きおばさん」です。この後に続く言葉は「だったら誰か紹介してよ…」と発展する可能性も。この時点であなたは恋愛対象からすっ飛ばされてしまいます。これではせっかくの出会いも台無しです。

そして覚えておいてほしいのはどんな男性でも“プライド”があるということ。もちろんこの質問は禁句です。こんな言葉を言われたら、男性はプライドを傷つけられるだけでなく、完全に彼女候補として見なくなります。相手を尻込みさせたり自分から対象外の印象を与えるような言葉はタブーと心得ること。

3 「理想のタイプは?」と聞かれたら、現実的な答えを

わたし~アイドルの〇〇くんが好き~

わたし~アイドルの〇〇くんが好き~

男性としてはどうしても彼女の好みを知りたくなるのは自然な欲求です。間違っても現実とかけ離れた理想話はしないこと。
例えば、「私、ジャニーズの○○君が好きなの」「アニメのキャラクターの○○がいい」などと言ってはダメ。それはあなただけの世界に留めておきましょう。恋愛相手は現実の世界だということを忘れずに!

>>次のページでは意外と口癖になっているドン引きワードをご紹介します