【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
彼の浮気や、心変わりなどが原因で別れた場合、「恨み」や「憎しみ」を持ってしまうのは、人として仕方の無いことです。そのモヤモヤを整理するには、「つき合った年数」と同じ、もしくは、その倍ほどかかるのではないかと、経験上、思っています(涙)。

でも、「恨み」を持ち続けることは、彼とエネルギー的に繋がり続けるということ。ムダな力を、元彼に注ぎ続けているのと同じなのです。

とはいえ、このモヤモヤ、いったいどうすればいいのでしょう? まずは「気持ち」ごとに考えていきましょう。


「浮気した彼」に仕返ししたい!

パンチする女子

かわいさ余って、憎さ百倍。大好きだったから、心が乱れるもの

「どれほど悲しい想いをしたのか、思い知らせてやりたい!」……その気持ち、よくわかります。でも、残念ながら、加害者には、被害者側の悲しい気持ちはわからないものです。

でも、わかってくれないからといって、「仕返し」は絶対にお勧めできません! よく言われる「カルマ」を、新たに背負ってしまうことになります。

嫌なことをすれば、必ず、その人に同じことが返ってくるものです。生きていくうえでの運命の法則はいくつもありますが、私自身、「因果応報」ということだけは、感じざるを得ない体験を何度もしてきましたので、実感しています。

放っておいても、彼はいつか何らかの形で悲しい想いをするはずです。リアルタイムではなく、その人にとってベストなタイミングに、状況が揃った時に、事件はやってくるようです。