【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
恋愛に限らず、成功哲学にも必ず出てくる「自分を愛する」ということ。「自分を愛してあげたほうがいい」ってことが頭ではわかっても実践するのはちょっと難しくありませんか?

では、具体的にはどういうことをすればいいのか。きっかけになりそうな5つの方法についてお伝えします。

【1】 まずは心の傷を抱きしめる

わんこを抱っこする女性

動物や子どもを抱きしめるように、あなたのなかの「悲しみ」を抱きしめるイメージを

自分を愛する前に、まず「自分を否定してしまう理由」があるはずです。「悲しい」「悔しい」「苦しい」といった感情には、そのヒントが隠れています。こういった感情を味わってきたできごとを思い出し、「悲しかったね」「よくがんばってきたね」と自分を認めてあげること。まずは、そこから始める必要があると思うのです。

初心者向けの瞑想会に参加してみたり、ポラリティセラピーやクラニオセイクラルのような心と身体の両面から見ていくようなセラピーを受けてみるのもいいでしょう。瞑想会は、お寺などでも開催されています。

特に、親子の確執については誰かのサポートを得てでも、じっくり向き合ってみることをお勧めします。そのとき「解決しよう」「親に理解してもらおう」としないこと。親子の問題は千差万別で、とても繊細。直接伝える方法もありますが、さらなる苦しみを生むことがあるので注意して。私も直接伝えたことで疲弊しましたのでお勧めしません。ホ・オポノポノのように自分のなかでセレモニー的に手放すような穏やかな方法を模索してみてください。

【2】 できなかったことに決着をつける

ハートを後ろに持つ女性

「ありがとう」や「ごめんね」を伝え忘れていませんか?

過去のできごとに囚われて、心身がいっぱいいっぱいになっている間は、ゆっくり自分と向き合うのは難しいものです。少し整理してみましょう。

子どものころに借りたままのマンガ、編みかけのセーター、「ごめんね」って言えなかったこと……などなど。中途半端なままの経験をしっかり完結させることが、実はとても大切です。

一つひとつの経験をしっかり完結させていないと、そのできごとに自分のエネルギーを使い続け、消耗し続けていることになります。つまり、エネルギーが漏れ続けているようなものなのです。

何年も経っていても、返せるものは返して、謝るべき相手に謝罪のメッセージを伝えてみましょう。また、編みかけのセーターは、捨てたりほどいたりして完結します。私も高校時代の友人に、8年ほど前に謝罪の手紙を書きました。返事はもらえませんでしたが、自分のなかではクリアになりました。

そういった解決が難しいなら、「もう、そのことは気にしなくていいんだよ」と自分自身に言ってあげるのです。そして、自分と切り離すイメージをしてみましょう。