この集合住宅は、中野区の幹線通りから少し奥に入った低層住宅地の約300坪の敷地に、3棟の集合住宅とオーナーの住宅を建てるという計画の第2期として設計されました。
第1期として2004年に敷地の北西の角地にA棟が完成し、その隣に2013年に完成したB棟が並んで建っています。B棟はA棟と同じく半地下のある3階建てです。

パステルカラーをまとった大きな箱


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 東南の外観。壁面は南側が淡いブルー、東側がベージュに塗り分けられている。
外観
2. 西南の外観。西側の壁面がオレンジに塗り分けられている。
外観
3. 北西の外観。西側には3つの住戸のテラスが張り出している。北側は白色に塗り分けられている。


B棟の全体は、東西南北に正確に置かれた1辺10m弱の直方体型をしています。道路からは約5mセットバックさせ、外壁の4面をパステルカラーで塗り分けて、周囲への威圧感を和らげつつ環境に馴染むよう配慮されています。
手前の庭には、以前からあったアカマツと小さな稲荷の祠が、この土地のシンボルとして残されています。建物をぐるりと一周する庭は、隣のA棟と地続きであることを印象づけるように、同じタイプのコウライ芝とコンクリートブロックが敷かれています。


◆建築データと建築家プロフィール