以前、新小岩駅近のマンションに住まわれていたSさんは、お子さんの成長を機に近くに仕事場を兼ねたご自邸を建てることを決めました。そして探しだしたのは「三方に隣家が迫る三角形の変形土地」でした。ここはSさんのお母様の住むご実家の近くでもありました。
しかし、この土地では住宅メーカーで建てるのは難しいと分かり、複数の建築家に相談しました。そのなかで、アトリエスピノザの「1階にガレージと仕事場、2階に落ち着いて過せる個室、3階に明るいLDKを設け、さらにその上にルーフテラスも」という提案が気に入り、2人に家づくりの夢を託しました。

三方を隣家に囲まれた3階建ての家

外観
俯瞰で見ると奥へいくほど、すぼまる形状が分かる。屋上にルーフテラスが見える。
外観
バスルームの三角の屋根が現れた西側の外観。
外観
張り出したバルコニーとガラスブロックの窓が特徴的な東側の正面。1階のガレージには車が2台入る。家の手前にも1台分のスペースが確保されている。
外観
西側の狭い路地から外観を眺める。3階に張り出すのはバスルームのテラス。
写真は全てアトリエスピノザ

最寄りの駅から歩くこと5分。幹線道路から路地を入ったマンションと小さな住宅が混在する一画に、3階建ての白い家が建っています。ここは典型的な住宅密集地で、東側が前面道路に接し、西側が狭い路地の突き当たりになっていて、南側と北側には隣家が迫っています。
1階の半分はSさんの仕事用の2tトラックを含めた2台の車が入るガレージで、その奥に倉庫と事務室が続いています。ガレージから家の真ん中に位置する階段を上がれば、やがて2階の住宅の玄関ホールにたどりつきます。

明るい光が入り込む3階のLDK

玄関
ホールの奥から玄関を見返す。
階段
細い手摺が付いた2階から3階に至る階段室。左上の白くペイントされたスチール階段でルーフテラスに上がる。
LDK
3階のLDKはグレーに塗られた丸柱と太い梁が室内のアクセントになっている。梁の上部には間接照明が仕込まれている。
LDK
東南の角に設けられた小上がりの畳コーナーには、縁なし畳が敷かれている。
風呂
LDKの東側に設けられたワークスペースは一家の共有スペース。親が家事をしながら子供達とコミュニケーションできる。
写真は全てアトリエスピノザ

3階は天然木のフローリングのLDKで、約23帖の広さがあります。リビングは東向きに窓とテラスがあり、南側にはSさんの希望された小上がりの畳コーナーがあります。斜線規制をうまく空間に取り込みながら、明るく開放的なリビングになっています。
また、リビング近くにはワークスペースを設け、子供達がそこで勉強できるようになっています。ここは親が家事をしながら子供達とコミュニケーションできる場なのです。

テラスのある三角天井のバスルーム

台所
対面式のキッチン。2つの窓と上側の2つのトップライトから明るい光がふりそそぐ。
風呂
キッチンから洗面室とバスルームを見る。
風呂
バスルームの床は20cm角の磁器室タイル張り。壁はFRP防水仕上げ。
テラス
バスルームの西側の窓の先にはテラスが張り出す。
写真は全てアトリエスピノザ

キッチンの西側には洗面室とバスルームが続いています。奥の洗面室から浴室へいくほどに床レベルを下げるなどの調整がなされています。これにより建物全体の奥行き感を与え、空間に変化を与えています。
洗面室は約2.6帖、バスルームは約2.5帖。ここはこの家で最も間口が狭い空間ですが、ゆったりとしたバスタブと外を眺められるガラス窓が設けられていて狭さを感じさせません。
天井は斜線制限で北側が大きく傾いているので鋭角の三角形になっていますが、南側は約3.8mの高さがあります。さらに心地よい風を呼び込む窓の先には、小さなテラスが片持ちで宙に張り出し開放感を高めています。

落ち着いた個室と開放的なルーフテラス

子供室
2階の子供室。北側の窓からの柔らかい光が室内を照らす。
子供室
子供室の吹抜けとトップライト。吹抜けの壁の上に3階のキッチンの2つの窓が見える。
寝室
2階の寝室。東側はガラスブロックの窓、南側の窓の奥には小さなバルコニーがある。
バルコニー
3階のリビングのバルコニー。床はウッドデッキ。
テラス
鉄製の手摺に囲われたウッドデッキのルーフテラス。広さは約5帖。
テラス
カーブを描くルーフテラスの東側。ここから花火を眺めることもできる。
写真は全てアトリエスピノザ

2階はSさん一家が落ち着いて過ごすための寝室と子供室などの個室スペースになっています。約8帖の寝室の窓にはSさんがリクエストされたガラスブロックが使われています。これは正面の外観のアクセントにもなっています。
北側に面した2つの子供室は、斜線規制で建物が削られることを逆に利用して、天井の一部に吹抜けを設けています。ここには天窓があり、これにより部屋の明るさを確保し、部屋の圧迫感を抑えています。
多くの厳しい条件をクリアしながらも、様々な工夫をこらして空間の豊かさを実現したSさんの家は、これからも子供達の成長を見守りながら末永く住み続けられていくことでしょう。

[新小岩の家]
所在地: 東京都葛飾区
構造・規模: 木造 地上3階
竣工年月: 2017年10月
敷地面積: 97.37m2
建築面積: 58.52m2
延床面積: 159.16m2
設計・監理: アトリエ スピノザ
構造設計: 本間構造設計


井東 力+市原香代子[アトリエ スピノザ]プロフィール

共に現代建築研究所で「東京国際フォーラム」のインテリア設計などで建築の実務を経験し、2004年に事務所を設立。これまでに首都圏を中心に数多くの戸建て住宅を造り上げてきました。“快適で住み心地の良い住宅を創りたい。その上で「快適さ」、「心地良さ」を深く掘り下げ追求していきたい”との思いで設計活動に邁進してます。
    
アトリエ スピノザ
Tel.03- 6425-9083
http://atelier-spinoza.com/

undefined

    井東 力 [Ito Chikara]  市原香代子 [Ichihara Kayoko]


これまで登場したアトリエ スピノザの住宅


◆[関町北の家]Top

◆[奥沢の家]Top

◆[等々力の家]Top

◆[白金の家]Top

◆[戸手本町の家]Top

◆[樽町の家]Top

◆[大東の家]Top

◆[中目黒の家]Top

◆[湯島の家]Top



注文住宅をカタログで徹底比較!

LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログを探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。