この家の施主である若夫婦は、雑誌に載っていた「ナナツボナイエ」に魅かれてikmoに設計を依頼されました。自費でローンを組んで土地を購入しての家づくりは、土地の大きさや予算やローンに絡むスケジュールなど厳しい条件でしたが、敷地周辺の空気感をうまく家の中に取り込んだ、大らかな空間が出来上がりました。

南北の道に面して2階が迫り出す


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 北側1階は4m幅の道路から車1台分セットバックしている。砂利敷きの部分は駐車スペース。2階の窓の上は屋上テラス。
2. 水路に面して大きな窓を設けた南側のファサード。
3. 南側の夜景。1階の黒い壁の中は寝室。
写真は全て西川公朗


この家のファサードは、2階の一部が1.8m道路側へ迫り出しています。迫り出したヴォリュームの上部は屋上テラスになっていますが、道路側からは直接見えないようにデザインされています。
敷地の北側には暗渠となっている川が流れていて、近隣住民の散歩道となっています。川に面した南側は夏場の1階への日差しを押さえるために、2階を55cm迫り出させ、出窓のような窓辺をつくっています。

◆建築データと建築家プロフィール