生のアイルランド英語にふれる旅

5

旅は生きたアイルランド英語にふれる絶好のチャンス

「訛りが強い」「早口で難解」などと言われることの多いアイルランド英語。でも実際にアイルランドに行って話好きのアイルランド人と言葉を交わすと、その温厚な人柄も手伝って、思っていたほど難解ではなかったと思う人が多いようです。あまり苦手意識を持ちすぎずに進んでコミュニケーションをとってみてはいかがでしょう。

今回は旅行の際に役立つかもしれないポイントをアイルランド英語の紹介とともに短くまとめてみました。

とにかく早口! 地方によっても異なるアイルランド英語

2

アイルランド英語で「バス」は…

アイルランド英語を語る際に多くの人が開口に一番に言うのが「i」の音。たとえば「I'm Irish.」というフレーズですが、普通に言うと「アイム アイリッシュ」という発音ですが、アイルランド人が言うと「オイム オイリッシュ」っぽく聞こえるのです。大げさにアイルランド人ぽく言うと、ということなのですが、全般的に「アイ」の音が「オイ」のように聞こえるんですね。でも、日本人が「アイ」を「オイ」にして話す必要はありません。普通の発音でも十分に通じます。

そのほか旅行の際に耳にするかもしれない単語では、「bus」が「バス」ではなく「ブス」のような音に近いというのも面白いです。同じような例では、首都の「Dublin」も、「ダブリン」でなく「ドゥブリン」のように発音します。

3

マーケットでの会話では生きた表現に出会える

そのほか、アイルランド英語の特徴で有名なのは、とにかくスピードが速いということ。ダブリンもなかなかのものですが、アイルランド第二の都市コークは、もっと速く独特のアクセントとあわせてより難しいと言われています。ガイドも留学時には、いろいろな地方出身の教授陣のバラエティに富んだスピード&アクセントに何度泣かされたことか……。でも、冷静に周りを見回すと、アイルランド人でさえ頻繁に聞き返しているんですよね。だから、日本人が分からないのはある意味当然といえば当然。旅行中にわからないことが多くてもあまり気にせずに、コミュニケーション自体を楽しむのがおすすめです。