やっぱり素晴らしかったディーゼルエンジン搭載車

アクセラ

新型アクセラ

ディーゼルエンジン搭載アクセラの生産&納車が始まった。昨年秋にテストコースでプロトタイプの試乗をした時の印象たるや、少し大ゲサかもしれないけれど「素晴らしい!」。クルマ好きにとって久々に登場してきた希望の星といった印象。やっと市販モデルを一般道でたっぷり試乗することが出来たので紹介してみたい。果たして走りは?実用燃費は?

ということで私の次のマイカー候補筆頭になっているマニュアルミッション仕様など。1速にギアを入れてクラッチ繋ぐと、スタートの気むずかしさなど皆無! 溢れるくらいトルクがあるため、いともたやすく走り出す。なんせアクセル踏まずにクラッチ離すだけでOK。渋滞してたって苦にならず。むしろタイクツしない。

ディーゼルエンジンは一定回転以下になると燃料吹いて回転をキープするようになっているため、街中じゃほとんどアクセル踏まない状態で走れてしまう。4速くらいまでなら、アクセル踏まずにシフトアップしていっても平気なくらいだ(5速と6速も丁寧にクラッチミートすればイケる)。この走り方だと街中で20km/L近く走る。

普通に走っても燃費は良い。アイドルストップが付いており、停車と同時にエンジンが止まる。省燃費効果高いのだろう。東京都内の様々な交通モードを試してみたところ、最低で14km/L。少し流れが良ければ余裕で16km/L以上走ってくれます。軽油の価格はガソリンより25円安いため、ランニングコストでプリウスと同等。

6速AT仕様の実用燃費は、6速マニュアルの5~10%落ちをイメージしておけば間違いない。最低で13km/L。普通の使い方だと15km/L前後。流れの良い道であれば20km/Lくらい走ってくれるだろう。マニュアル仕様で流れの良い道を6速ギアで巡航できれば、22km/L以上走る。燃費は抜群だ。

日本車として「極上」ランクの乗り心地

スカイアクティブテクノロジー

スカイアクティブテクノロジー搭載

また、アクセル踏めば驚くほど太いトルクを出す。なにしろ最大トルクは4リッターのガソリンエンジンと同等の42.8kgmもあるので、1430kgのボディをグイグイ引っ張っていく。高速道路の巡航なんか余裕たっぷり。TOPギアのままアクセル踏むだけで好きな速度(といっても制限は100km/hです)が得られる。

ディーゼルエンジンと言うと、騒音や振動や悪臭をイメージするかもしれないが、車内に居る限りディーゼルだと言われなければ解らないレベル。振動はバランサーによってカンペキに抑え込まれており、ガソリン車より滑らかなほど。ディーゼル特有の臭い排気ガスだって無し。ウソだと思うならディーラーで試して欲しい。

エンジンと同じくらいウナるのが乗り心地。日本車としては「極上」にランクしてよいほどの質感を持っており、滑らかで快適だ。サーキットなどに持って行き、その気になってコーナーを攻めればスポーティカーのような走りさえ見せる。最近のマツダ車の足回り、よく仕上げられており好感持てます。何より楽しい。

価格は8%の消費税を含んで306万7200円と安くないものの(ディーゼル補助金は出る)、装備が超充実している。車間距離制御クルーズコントロールに自動ブレーキ、HIDライト、ナビ、BOSEのオーディオ、サイド&カーテンエアバッグ、シートヒーター付き電動シート、はたまたサンルーフまで標準だということを考えれば高くない。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。