この春そろえたい、おすすめの学習用知育玩具

これから学習を始める新1年生や、始めたばかりの低学年は、机に向かって勉強をさせようと思ってもすぐに飽きてしまいがち。「うちの子だけかしら……」と不安になるかもしれませんが、実はほとんどの子どもが同じです。だからこそ、おもちゃの力を活用して、遊びの中から学ぶ楽しさを実感させてあげてはいかがでしょうか。ここでは、小学校での学習が楽しくなる知育玩具をご紹介します。



展開図と立体が自然に理解できる
ピタゴラス算数

算数要素が詰まったマグネットプレート。パズル・ゲーム感覚で遊びながら学べる「ひらめきドリル」付き

算数要素が詰まったマグネットプレート。パズル・ゲーム感覚で遊びながら学べる「ひらめきドリル」付き

小学生で図形を学習する時期になると、積み木や折り紙でもっと遊ばせておけばよかったという後悔の声を耳にします。楽しく遊ぶうちに空間認識力が高まるといわれるおもちゃとの出会いは、子どもにとって思った以上の効果につながることがあるのです。

この「ピタゴラス算数」は、算数の先生が考案した磁石のプレート。裏返しても反発しない特殊な構造の高精度異方性磁石を使用していて、自由に辺を付けたり外したりしながら立体をつくることができ、図形の概念が自然と身に付きます。

セットには、三角定規の形や、正三角形、正方形などの基本の形が勢ぞろい。平面でつなげて展開図をつくり、そこから立体に組み立てることで、あるいは立体から展開図にすることで、図形の理解が深まります。きっと小学生で学習する「展開図と立体」を楽しく学べることでしょう。


価格:5250円
内容:直角三角形(丸穴)×4、直角二等辺三角形(丸穴)×4、正方形(大)×3、正方形(小)×10、二等辺三角形×4、正三角形(丸穴)×4、直角二等辺三角形×4、ひらめきドリル
素材:ポリスチレン、磁石(内蔵式)
パッケージサイズ:300×60×330mm
メーカー:ピープル
ご購入はコチラから


>> 次は レベルに合わせて都道府県を繰り返し遊んで学べる 「くもんの日本地図パズル」