北海道みやげ、何にしよう?

じゃがポックル

最近はアジア系観光客の間で大人気の「じゃがポックル」 購入個数に制限も

「北海道のお土産」といったら、あなたはまず何を思い浮かべますか? 石屋製菓の「白い恋人」、六花亭の「マルセイバターサンド」、ロイズの「生チョコレート」や「ポテトチップチョコレート」、柳月の「三方六」、カルビーの北海道ブランド・ポテトファームの「じゃがポックル」……。このあたりはもはや“殿堂入り”と言っても過言ではないくらい定番中の定番ですよね。こういったお土産は、ここでガイドが紹介せずとも皆さんすでにご存知でしょうし、味わったことがある人も多いと思います。そこで今回は、ガイド自身が帰省や出張の際に買って行き、喜ばれたお土産の中から、「定番ではないけれど、かなりおすすめ!」なお土産をランキング形式でご紹介します。他の人と一味違ったお土産で差をつけたい方、北海道リピーターで何か新しいものをお探しの方もぜひ参考にしてみてくださいね。


第3位 小樽あまとう「マロンコロン」

マロンコロン

小樽の人気菓子店あまとうのクッキー「マロンコロン」

昭和4年、小樽に創業した喫茶・洋菓子店「あまとう」。異国情緒漂う小樽の街で生まれた、“文化の香りのする和洋折衷なお菓子”が特徴の洋菓子店です。ケーキやクッキー、チョコレート、アイスクリームなど、どれをとっても美味しいのですが、あまとうを代表するお菓子が「マロンコロン」。発売以来半世紀以上にわたって、地元の人たちを中心に愛されているロングセラー商品です。

マロンコロン

3枚重ねのサブレは食べごたえあり!

どことなくロマン漂うパッケージの中に入っているのは、ゴロンとした厚みのあるクッキー。厚さの秘密は、3枚重ねになったサブレです。サクサクッとした歯ごたえと、その周りをコーティングしたオリジナルチョコレートのハーモニーは絶妙で、ボリューム感があるのも嬉しいところ。味は、アーモンド、チーズ、カカオ、ウォナッツ(くるみ)の4種類(各170円)で、基本の4種類の他にも、ピンクの「いちごマロンコロン」や生地の間にあんずジャムを塗った「マロンコロンクラシック」もありますよ。

あまとうの本店は、JR札幌駅から30分ほどの小樽市内ですが、ご紹介した「マロンコロン」は札幌市内でも入手可能です。大通ビッセ1階の「あまとう札幌大通店」や「JR札幌駅構内北口店」、また商品の数は限られていますが、札幌駅構内の土産物店「北海道どさんこプラザ札幌店」や新千歳空港の「ANAフェスタ」「耕人舎」でも取り扱っています。

<DATA>
小樽あまとう マロンコロン(アーモンド、チーズ、カカオ、ウォナッツ各170円)
箱入りは4個入り760円、10個入り1800円、16個入り2920円、20個入り3600円
【販売店舗】
小樽あまとうHP 販売店舗一覧