医療用に使われていたコラーゲンを、日本で初めて基礎化粧品に配合した「ドモホルンリンクル」。再春館製薬所が製造・販売を開始して今年で40年。3~4年ごとにリニューアルを行い、新しい原料や新しい技術を常に加えながら進化しています。このたび、「ドモホルンリンクル」の原点ともいえる「クリーム20」と、肌のお手入れの働きを高める「泡の集中パック」が新しくなりました。

天然記念物「淡墨桜(うすずみざくら)」の力で肌にハリや弾力を

やけどを負った皮膚の治療に使われていたコラーゲンの力に着目し、日本で初めて基礎化粧品に配合した「クリーム5」。ドモホルンリンクルの原点ともなったこの「クリーム5」は進化をつづけ、現在では16代目「クリーム20」として多くの方から支持を得ています。良質な鱧(ハモ)コラーゲン、コラーゲンの質を整える自己回復タンパク(HSP47)をサポートし肌にハリを与えるチューリップ、その他独自に選びぬいた9つの原料を中心に、私たちの肌の悩みの根本にアプローチしています。
クリーム20

天然記念物「淡墨桜(うすずみさくら)」の二世桜の葉を配合した「クリーム20」


今回、新たに注目した原料は、樹齢1500年を超える岐阜県の天然記念物「淡墨桜(うすずみざくら)」。原料として使用しているのは、二世桜にあたる木からとれる葉です。この葉の中には、肌のハリにつながる様々な働きが含まれています。肌のハリと弾力と潤いの素であるコラーゲンやエラスチンの回復をサポートしたり、守ったりする力。再春館製薬所の調べによると、無添加時に比べてコラーゲンの回復力は3倍、コラーゲンを守る力は10倍、エラスチンを守る力は10倍とのこと。

テクスチャーはよりやわらかくコクがあり、肌にぴたっと寄り添う使いやすさ。また、伸びがよくマッサージをするように塗りこむことで、肌表面の温度が上がり、成分が肌の内側へいきわたりやすくなります。毎日使いたくなる心地よさです。

■DATA
クリーム20
30g 13650円

抗酸化力を高める鹿児島県・屋久島「グアバの葉」を配合

ふだん通りのお手入れでも、なにかスッキリしないときがあります。気づかぬうちに環境の変化やストレスなどの影響を受けているのかもしれません。そんなときは集中ケア。「泡の集中パック」のもっちりとした濃厚な泡は肌に密着し蒸らし、洗い流した後の肌のもちもちした感触を感じさせてくれます。ユーザーからは、肌の色がワントーン明るくなったとの声も寄せられています。
泡の集中パック

屋久島「グアバの葉」エキスを配合した「泡の集中パック」


肌を健やかに保つために、今回、注目したのが肌の老化を加速させる様々な原因となっている活性酸素。肌には活性酸素をとりのぞく抗酸化力がもともと備わっているのですが、年齢とともにその力は衰えてしまいます。再春館製薬所は、抗酸化力を高める効果を鹿児島県・屋久島にある「グアバの葉」に含まれていることを発見しました。このグアバの葉エキスにより、抗酸化力を回復するタンパク(HSP32)が無添加時と比べて約6倍増加(再春館製薬所調べ)しています。

「泡の集中パック」は、ドモホルンリンクルの基本4点(保湿液、美活肌エキス、クリーム20、保護乳液)の働きを高めるアイテム。ダメージの影響を取り除き、肌表面をやわらかくし、浸透しやすいよう肌の状態を整えます。肌悩みが気になるときだけでなく、いつも健やかな状態に保ちたい方にもおすすめです。

■ DATA
泡の集中パック
80g 12600円

■ お問い合わせ
再春館製薬所 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。