クレジットスコア的視点をもってマネー管理を

日本ではクレジットスコアが直接的に消費者の前で利用されることはあまりありませんが、このような偏差値的な算出方法は金融機関内では利用されている場合もあります。

ですから、自分の信用力を良い状態にしようと思う方は、信用情報を管理する上で、先に説明したクレジットスコアの分析傾向を意識すると良いかもしれません。例えば、具体的には以下の様なノウハウになるかと思います。

  • 一度に沢山クレジットカードを作ったりローンを申し込んだりするのは控える
  • 小額でも良いから毎月クレジットカードの利用をし、毎月規則正しく支払う
  • 限度額ぎりぎりの利用は控える
などです。こうやってまとめてみると、何とも当たり前のことかもしれませんが、
信用力を良好に保つ上では大切な視点です。このようなノウハウは、また今後改めて紹介して行きたいと思います。
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/6/1~2022/6/30まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。