愛犬と一緒に車ででかけたい!

愛犬と一緒に車ででかけたい!

席はどこがベスト? 固定した方がいい?

愛犬を車に乗せてお出かけする人達も増えてきました。旅行はもちろん、病院などに通うのにも車は便利。でも、いきなり車に乗せて、愛犬が車嫌いになったら困りもの。車に乗せるにもちょっとした気配りが必要です。車に慣らす方法、ドライブ時の注意点などについて前もって知っておきましょう。

犬は車に酔いやすい

犬とのお出かけは楽しい
少しずつ車に慣らすことでドライブ大好きな子にすることができる。
犬は平衡感覚にたいへん優れていますので、その分車に酔いやすいと言えます。じゃあ、車に乗せると酔ってばかりいるのか?というと、そうでもありません。

犬の場合も人間同様、内耳の中に平衡感覚を司る受容器があります。これは、いってみれば「学習」できる器官であり、トレーニングや経験を重ねることで強化することが可能なのです。ですからトレーニングいかんでは十分に車に慣れることができるということ。

人間と同じように酔いやすいタイプ、酔いにくいタイプと体質もいろいろですから、トレーニングを重ねても酔ってしまう子にはあまり無理をさせないように注意したいものです。

生まれて間もない頃はまだ足取りもおぼつかない子犬が、その平衡感覚を発達しきるのは生後10週齢を過ぎてからとされますが(『心理と行動から見た犬学入門』大野淳一著より)、ちょうどそのくらいの月齢で子犬を迎える人も多いでしょうし、社会化にとって大事な時期とも重なります。犬を車に乗せたいのならば、ぜひともトラウマを作らないように、少しずつ段階をふんで楽しい経験をさせながら、トレーニングしてみてください。