一般社団法人ペットフード協会の「平成28年(2016年)全国犬猫飼育実態調査」(n=1104)によれば、犬の飼育数のうち7歳以上の犬が56.8%を占め、10歳以上の犬は35.7%、13歳以上は15.7%という結果になっています。ここ5年間を見ても、少しずつ増える傾向にあり、1歳~6歳の犬は逆に減少傾向にあります。人間同様、犬の世界でも着実に高齢化が進んでいるということ。

では、少しでも健やかなシニア犬ライフを送るには、どのような気配りをし、どのように世話をしてあげたらいいのでしょうか。この記事では介護が必要になった場合のお話となります。


老犬・高齢犬の食事

シニア犬の食事1

高齢になると首の位置が下がるだけで体に負担がかかりやすい。立っていられるコの場合は、食器を食事台に乗せてあげると食べやすくなる:(c) L.M


高齢になってくると消化機能も低下し、栄養を吸収しにくくなってきます。タンパク質の合成能力が低下するとともにタンパク質不足によって筋肉量も落ち、免疫力の低下や貧血を招くこともあります。少しでも栄養を摂れるように、良質で消化のよいものを与えるようにしましょう。同様にカルシウムの吸収も少なくなり、骨も弱くなってきます。バランスのよいカルシウムとリンを与えて骨粗しょう症も予防したいものです。そして、腸の運動も不活発になり、便秘になりやすくなるのがシニア期。適度な食物繊維は便秘を予防します。

また、立って食事ができるコでも、首を下げて食べるのがだんだんと負担になってくるので、食器を台の上に置いて食べさせてあげたり、場合によっては食器を口の高さで持っていてあげたりするといいでしょう。そうすることで体にかかる負担を軽くすることができます。

中には、床が滑りやすい状況であると、脚が滑って踏ん張りきれず、食べる気はあってもなかなか食べられないというケースもあります。結局、食べない(食べられない)ので、オーナーさんとしては食欲がないのかと心配になってしまいますが、床の滑りが原因の場合もあります。そのような場合は、食事台の前に滑り止めのマットを敷いてあげるといいでしょう。ただし、厚みがあると逆に足が引っかかってしまうので、薄めのマットがお勧めです。
(*本来であれば、足腰のために若い頃から滑りにくい床の上で生活させてあげるのがベストです)

寝たきりの場合

寝たきりの犬の場合は、少しでも頭を高くして食事を与えたほうが安全:(c) L.M


立てなくなったコの場合は、フセの状態が保てるならその姿勢で、それも無理な場合は抱っこをして体を支え、少しでも頭が体より上の位置になるようにして食べさせてあげます。寝たままであってもクッションなどに寄りかからせたりして、頭が少し高くなるようにしてあげるといいでしょう。というのは、寝たままで食べさせると、場合によっては食べ物が飲み込みきれず、食道に引っかかってしまうことがあるからです。

流動食となった犬

流動食を与える時はシリンジやハチミツの容器などが便利:(c) L.M


流動食になったコでは、シリンジ(針のない注射器)やハチミツの容器などを使って、口の横から少しずつ流し込んであげます。この時、注意したいことが一つあります。特に抱っこをして食べさせる時、顎をグッと上に向かせ過ぎて食べさせると誤って気管に入ってしまうことがあるので気をつけてください。