3.色気を出す思考回路

寄り添う男女

思考回路を変えれば色気が出る!?

これは、男性にも女性にも当てはまるのですが、色気を出すには「異性の目を意識すること」が必須です。異性の目を意識し、「自分の性を意識すること」です。自分が男性なら、女性の目を意識し、自分が男であることを強く認識してください。そうすることで、自然と「男らしい振る舞い」ができるようになります。

「男らしい振る舞い」とは、女性にないもの・女性が苦手なものを提供する振る舞いや、守られたい願望のある女性を大切にする振る舞いです。女性が苦手なことで、男性が得意なことを思い浮かべてみましょう。

女性は男性よりも力が弱く、空間を認識することが苦手な人も多いですよね。このことから、重い物を持ったり、地図をよんだり、車を運転したりする行動は「男性的な振る舞い」であるといえます。また、トラブルなどの変化に弱いのも女性の特徴ですから、非常事態に慌てずにどっしりと構えることも「男らしい」といえます。

このように、自分が男性であると意識すれば、自然と「女性が苦手なもの」が分かります。その「女性が苦手なもの」の中であなたが得意なことをどんどんアピールしていきましょう。「色気を出す」とは、性差をアピールすることです。常に自らの性を意識し、女性にどうアピールすると男らしく思われるか考えましょう。その思考こそがあなたを色っぽくするのです。

【関連記事】
「女が本当に求める清潔感」って、実はこういうこと。
短気な男よりも嫌われる!? 「イイヒトぶる男」とは?
二人の絆を強くして、寿命も延ばすキスの効用
また会いたくなるのは「言葉の愛撫」が絶妙な人


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。