勉強を習慣づけるため、自分にあった勉強法を見つけよう

説明画像

受験学年になる今年、今から準備してスタートダッシュしよう。

今年、高校3年生になる皆さんの中には、一歩一歩着実に学校の勉強を続けてきた人もいるでしょう。一方で、部活動や学校外の活動に打ち込んだために勉強が少しおろそかになっていたと感じている人や、今までの高校生活をなんとなく過ごしてきた人は、学校の勉強の遅れに焦りを感じているはずです。でも今すぐに気持ちを切り替えてスタートを切れば十分に間に合います。まずは新学期を目標に、毎日少しずつでも必ず勉強する“クセ”をつけることから始めましょう。

自分の体調や生活のリズムに合わせ、まとまった勉強時間(たとえば1時間以上)を1日のスケジュールに組み入れて、その時間は机に向かうことにします。いきなり長い時間ではなく、徐々に増やしていくのがおすすめ。勉強する時間帯は「朝型」「夜型」のどちらでもかまいません。自分にあった勉強の習慣をなるべく早く身につけることが大切です。

その日に学校で習った内容を復習したり、基礎的な問題集を解いたりするなど、簡単にできることから始めるのがコツ。最初のうちは、なかなか勉強に集中できないかもしれません。どうしてもはかどらなければ、1人で悩まず担任の先生や進路担当者など周りの人に相談してみましょう。あるいは、先輩や同級生など身近な人に話してみると、思わぬヒントが見つかることがあります。このように、苦しいときに励ましてくれるアドバイザーを見つけることもまた、受験生活を乗り切るための心強いサポートになるはずです。

次ページ:必ず覚えておきたい入試制度の基本と受験のタイプ