デザイナーズ家具とは?そして意匠権とは? 

一般に「デザイナーズ家具」と呼ばれているものは、海外はもちろん、国内のデザイナーや建築家がデザインした家具たちです。特に、椅子に関しては一般的に、20世紀に建築家やデザイナーによって設計された、商品化されている完成度の高い椅子を指すことが多いようです。
じぇ00

雑誌『ブルータス』2000年8月15日号の表紙。「20世紀ベスト100チェア 世界で一番好きな椅子」。この表紙だけでも80脚の写真が掲載されていますが、ざっと見ただけでも、この中の約2/3の椅子は、リプロダクト品があると思われます。中ではイームズの特集や椅子コレクターとして藤井フミヤさんのインタビューが載っています。この中には見たことのある椅子も多いことでしょう

デザインされた製品には意匠権があります。意匠権とは、ウィキペディアによると「新規性と創作性があり、美感を起こさせる外観を有する物品の形状・模様・色彩のデザインの創作についての権利をいう。意匠法で規定された産業財産権で、権利期間は登録設定から20年(日本国内の場合)。」とありました。

法律に詳しくないので、念のために、都内の特許事務所に電話で質問してみました。回答としては「おっしゃる通り、意匠権の保護は日本では、申請・登録してから20年です。アメリカでは14年、ヨーロッパでは25年。家具のデザイン関しても適用されます。理由としては、後から出てくるデザイナーの生産活動を制限することがないようにするためです」とのことでした。

なるほど。それで、大勢のメーカーが「コルビュジエ」とか「イームズ」とか、堂々とデザイナー名を冠した椅子などを発表しているわけですね。そこで気になるのが「正規品」というコトバです。つまり、たとえば50年前のデザインには意匠権は発生していないので、正規も非正規(?)もないような気もするのですが…。
じぇ2

上は、建築界の巨匠、ミースがデザインした「バルセルナチェア」。下は、コルビュジエによる「LC4」どちらも、正規品と呼ばれるメーカーの半額くらいからイタリア製のリプロダクト品があります。質は分かりませんが数万円のものもあるようです。イラスト:tetsushi


そこで、日本ではもっとも有名で流通量も多い「デザイナー椅子」と思われる、チャールズ&レイ・イームズが20世紀半ばにデザインした、シェル・チェアについて検証してみることにします。