【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
さて、前回から引き続きお伝えしています「色気の出し方」ですが、今回はいよいよ残りの3つをご紹介いたします。早速みていきましょう。

3.健康的で美味しそうな色味をのせる

微笑む女性たち

あなたの顔は健康的で美味しそうに見えますか?

どんなに厚着をしても常に出ているのが「顔」です。このコラムをご覧いただいている方の中には、働き盛りで疲れがたまっている方もいらっしゃると思います。しかし、疲れた顔は残念ながらあまり可愛くありません。そればかりではなく、疲れが顔に出ていると老けて見えたり、不健康に見えたりしてしまいます。

とはいえ、忙しい毎日に寝不足が続くこともあるでしょう。そんな人こそ、メイクの力で健康的なセクシーさを手に入れましょう。30代になると「若いコみたいなピンク色のチークなんてのせられない」と思い込み、ブラウンがかったオレンジチークを入れてしまう人がいます。ところが、ブラウンがかったチークは老けて見える原因になってしまうのです。ただでさえ、年を重ねると疲れが顔に出やすくなったり、血色が悪くなったりするのに、ブラウンがかったチークをのせてしまっては、ますます顔色が悪く見えてしまいます。

年齢を重ねた女性こそ、ピンクのチークをのせてください。ピンクに抵抗があるなら、オレンジでもかまいません。明るい色味をのせることで、顔がぱっと華やぎます。内側から上気したような頬は健康的なだけでなく、湯上がりのような色っぽさを醸し出しますから、男性ウケもバッチリです。

そして、くちびるもチークと同様に健康的な色気をアピールしましょう。セクシーの代名詞である真っ赤なリップは全体的なバランスから浮いてしまうことが多いので、よほどのメイク上手の方以外にはオススメしません。チーク同様、塗った時に顔がぱっと明るく見えるピンクやオレンジ色のリップを塗りましょう。さらに、グロスで艶をだせば、美味しそうなくちびるの完成です。

チークもリップも一口に「ピンク」や「オレンジ」と言っても、実に多くの製品があります。いくつか化粧品カウンターをのぞけば、必ず自分に合った色のチークもリップも見付かりますよ。ぜひ、探してみてください。チークとリップだけで見違えるように可愛く色っぽくなった女性を何人も見てきました。せっかく女性に生まれたのですから、メイクの力を借りないのはもったいないですよ。さて、次のページでは「色気のあるトーク」について説明いたします。