実用品としてのパッチワーク・キルト

実用品としてのパッチワーク

実用品としてのパッチワーク

パッチワーク・キルトというと、ベッドカバーサイズの大きなものを思い浮かべる方が多いかもしれません。このごろはコンテストなどで手の込んだ作品も多く見られますが、開拓時代のアメリカでは、キルトは実用的なもの。寝具として欠かせないものでした。
 

春を先取りする花柄使いのインテリア

現代の日本では、キルトを使う場はベッドとは限りません。大きめのものなら、カーペット、ソファ掛けやひざ掛けのほか、玄関マットにもなります。どれも好きな色、布で作って、手作りならではのインテリアが楽しめるのがうれしいところ。今の季節なら、春を先取りするような花柄の布を使ってキルトを作りませんか。季節ごとに取り替えるのもおしゃれです。写真のキルトは、玄関の靴を脱いで上がったところに、カーテンの代わりにキルトを掛けている例。キルトで冷たい空気を遮断する工夫です。
天井からカーテンのようにキルトをつるし、実用を兼ねたインテリア。作品undefined本島育子

天井からカーテンのようにキルトをつるし、実用を兼ねたインテリア。作品 本島育子

花柄といっても、大柄もあれば小紋もあり、デザインも色もさまざまです。すでにパッチワークをやっている方なら、何枚かは花柄のカットクロスを持っていることでしょう。お気に入りの花柄を使った手作りがお部屋に一つあるだけでも、住まう人の心が温まるはず。大作なんてとても無理という方は、小さなコースターあたりから作り始めることをお勧めします。
パステルカラーでまとめたコースターと小物入れ。作品undefined岩崎美由紀

パステルカラーでまとめたコースターと小物入れ。作品 岩崎美由紀

 

花柄を引き立てるシンプルな四角つなぎ

人気のリバティプリントも、多くは花柄です。プリントの柄自体に個性のあるものは柄を生かして大きく使うほか、四角つなぎなどのシンプルなパッチワークでまとめると、柄が生きます。写真の作品のように白地やきなりなどの無地と合わせると、より布の色がきれいに見えます。
主にリバティプリントを使ったお昼寝キルトとミニ枕。キルトundefined斉藤志津子undefined枕undefined山本さくら

主にリバティプリントを使ったお昼寝キルトとミニ枕。キルト 斉藤志津子 枕 山本さくら

 

小さな布で作る小さな飾り

ほかにもアップリケで具象的に花を描くこともできます。また布で立体の花を作ることもできます。写真はペットボトルのふたを利用したおひなさま。布の花びらに包まれて、小さな赤ちゃんのようなおひなさまがいる、愛らしい作品です。パッチワークキルトではありませんが、小さな布を生かせるという喜びがあります。
花の中にいるおひなさま。作品デザインundefined林洋子undefined製作undefinedスプール&キルト

花の中にいるおひなさま。作品デザイン 林洋子 製作 スプール&キルト

キルトの柔らかい風合いは、使ってこそ感じられるもの。ぜひ何か作ったら、使ってくださいね。

※写真はすべて「パッチワーク倶楽部」100号から。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。