ピーシングとは?

使い慣れると便利な指ぬき

使い慣れると便利な指ぬき

ピーシングとは、カットした布(ピース)同士をぐし縫いして縫い合わせること。パッチワークの最初の工程です。

指ぬきを使うと細かい針目で長い距離を一度に縫えるので、コツを覚えて使いこなしましょう。指ぬきは利き手の中指の第2関節の上にはめます。

 


ピーシングの手順

1 印付けします
パッチワーク生地の型を取る

生地の型をとる

布の裏にピースの型紙をのせ、型紙に沿って2Bの鉛筆などで印を付けます。

 

2 布をカットし、ピース2枚をまち針で留めます

布を合わせて留める

布を合わせて留める

7mmの縫い代を付けて布をカットします。縫い代は縫った後で裁ち揃えるので、目分量で大丈夫です。次にピース2枚を中表(表同士を内側にして合わせること)にして重ね、印を合わせてまち針で留めます。印の両端と中心を留め、大きめのピースはその間も留めましょう。

 

3 縫い始めは返し縫いをする
縫い始めは返し縫いを

返し縫いをしてほつれを防ぐ

角の印よりも少し手前から針を刺し、ひと針返し縫いをします。

この返し縫いの針を抜かずにぐし縫いを始めます。

 

4 ぐし縫い
指貫を使いながらひとさし指で針を固定

布を張って縫い進める

ピースを張り気味にして指ぬきに針の頭を当て、右手の親指とひとさし指で針を固定します。
指ぬきで針を押しながら、左手を上下に動かして布をすくって縫います。針を持つ指は常に固定しておくのがコツです。布をたぐり寄せながらできるだけたくさん   縫いましょう。

 

5 縫い終わりは糸こきを忘れずに
印の少し先まで縫ったら縫い目をならす

縫い目をならす

角の印より少し先まで縫ったら、針を休めます。縫いじわを防ぐために指で縫い目をならします(糸こき)。

 

6 縫い終わりも返し縫いをします
最後も返し縫いをする

最後も返し縫いをする

ひと針返し縫いをし、玉留めをして糸を切ります。

 

7 縫い代を片倒しする
縫い代の処理をします

指で押して折りぐせをつける

縫い代ををどちらかに倒します。縫い代を6mmほどに裁ち揃えたら、縫い目から折って指で押さえます。

 

指ぬきを使ってするぐし縫いははじめは慣れませんが、回数をこなすことで上手に縫えるようになります。でも、うまく使えない方は指ぬきなしで縫っても大丈夫です。

写真は「パッチワークの基礎BOOK(パッチワーク通信社)」より抜粋




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。