2.露出よりも「妄想させる装い」を

こちらを見る女性

「妄想させる服」をまとっていますか?

色気を出すには露出度の高い格好をすればいいと思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、ただ露出するだけでは安っぽく下品な印象になってしまいがちです。過度に露出するよりも、上品で色っぽい女性を目指してみませんか?

ではここで、浴衣姿の女性を思い浮かべてください。浴衣は露出度は低いですが、色っぽいですよね。どうして浴衣姿は色っぽいのでしょうか。それはズバリ、妄想させるからです。浴衣姿には、普段は見えないうなじ、浴衣の袖からのびる細い手首、歩く度に見えそうで見えない素足、後ろ姿で意外とあらわになるヒップラインなどなど、あの布の中がどうなっているのか妄想させる要素が実に豊富です。

男性の妄想力は女性が思う以上にたくましいものです。そんな男性の特徴をつかむことが男心を上手に刺激するポイントになります。妄想させるには、完全に露出してしまってはいけません。相手に想像させるための余白を残しておかねばならないのです。とはいえ、隠し過ぎてしまっては妄想すらしてもらえません。

それでは、どうすればいいのか。そのカギは、「チラリズム」と「透かしズム」にあります。見えそうで見えないチラリとのぞく素肌ほど妄想を掻き立てるものはありません。広めにあいた首元や膝上丈のスカートなど、肝心なところは決して見えなくても「その先にあるもの」を見たいと感じさせる服装が恋愛の場面では必須です。

そしてこのチラリズム同様に男性の妄想を掻き立てるのが「透かしズム」です。単純に腕などが部分的に透けるシースルー素材の服を着るだけでも効果抜群ですが、シースルーの服を着るのに抵抗がある方はボディラインを出しましょう。フレアスカートではなくタイトスカートにしたり、だぼっとしたチュニックなどではなく体にピッタリと沿うボディコンシャスなカットソーを着るだけでも色気がグンと出ます。なぜなら、服を着ているのにボディラインが分かることで、その女性らしい曲線美をもっと知りたいと思わせるからです。

さらに言えば、チラリズムも透かしズムも「男性目線を意識した装い」であり、そのような格好をすること自体が恋愛する気持ちがあるというアピールにもつながります。恋は待っていても降ってきません。恋愛したいなら、男性目線を意識した色気を身につけることが必要です。次回は、色気の出し方(後編)をお伝えいたします。


【関連リンク】
桜井結衣のメールマガジン
「男の恋愛力UPメルマガ」「女の恋愛力UPメルマガ」(無料)

あなたの毎日が素敵な恋に結びつくちょっとした秘訣をお届けいたします。

「帰宅部OL」は卒業できる! 桜井結衣著
アフター5に予定がなく仕事が終わると直帰する「帰宅部OL」から抜け出し、仕事も恋も充実したライフスタイルになるためのアドバイスが満載!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。