幼児健忘症という現象がある

遊園地でのメリーゴーランドデビュー、はじめての新幹線、お友達を呼んでのお誕生会、どれも親にとっては忘れられない思い出です。これらの良い思い出をいつまでも子供達と共有したい、と親ならだれもが思うもの。

でも、自分を振り返ると、3歳前の記憶はほとんどないことに気づきます。そして、「きっとこの子も、3歳くらいまでの出来事は忘れてしまうんだろうなぁ」と寂しくなることってありませんか?

この小さい頃の思い出が消えていく現象は「幼児健忘症」と呼ばれるもの。「健忘症」と言ってもネガティブな意味ではなく、人間のごく自然な発達の一部。

とはいえ、3歳まで「記憶」が存在しないわけではありません。現に、3歳になる前の子が、「○○に行って楽しかった。また行きたい~!」とせがむことはよくありますよね。記憶があるからこそ「また行きたい」になるのです。ただ、3歳までの記憶は、のちに忘却されていってしまうとされています。

この記憶の忘却、なんとか食い止めることはできないのでしょうか?

アメリカの大学が行った調査で、その忘却を食い止める助けになるのではというデータが見出されましたので、それをここでご紹介したいと思います。


アメリカの大学の研究で分かった子供の記憶が薄れる年齢

この研究は、3歳の子を持つママを対象に行われました。まず、子供が3歳の時点で、6つの過去の出来事をピックアップ。そして、子供とその思い出について話をしてもらいました。例えば、動物園に行ったこと、保育園、幼稚園の初日のこと、など。

その後、9歳になるまでのある時点で、それら6つの出来事の記憶がどれくらい残っているかをチェックしました。ある子は5歳のとき、ある子は6歳のとき、ある子は7歳のとき……とグループに分け、子供達の記憶の残り方をモニターしました。

その結果分かったのが、3歳のときに話題にした出来事について、
  • 5~7歳の時点では、60%以上のことを記憶していた
  • 8~9歳の時点では、40%以下にまで記憶が下がっていた
つまり、7歳~8歳までの間にガクンと記憶が薄れることが分かったのです。

>> さらには、思い出を記憶している子とそうでない子にはある違いが見つかりました。次ページでお伝えしていきます。

*出典: イギリスの学術誌 Memory (2013)「The onset of childhood amnesia in childhood: A prospective investigation of the course and determinants of forgetting of early-life」より