清潔で管理がしっかりしているホテルを選びましょう
清潔で管理がしっかりしているホテルを選びましょう
飼っている猫の数が少なくて2泊までの外出であれば、猫だけで留守番させることもできますが、もし長期に不在にする場合は猫をどうしたらよいでしょう。自分の縄張り以外の場所に連れ出されることが苦手な猫が多いので、できれば自宅の環境にそのまま置き、友人やキャット・シッターなどに来て面倒をみてもらうのが一番安心ですが、諸事情でどうしても動物病院やペットホテルに預けざるを得ないときがあります。どんなどころに気を付けて、どのような動物病院やペットホテルを選べばよいでしょう? 猫を預ける場合の動物病院や、ペットホテルについて考えてみたいと思います。

ペットホテルとは

ペットホテルというと、四角いケージがアパートのように並んでいてその中に入れられてしまうんだと思われるかも知れませんが、中には猫が自宅にいる気分でくつろげるようにとワンルームマンションのような設備を整えているところもあります。ただ猫にとっては、広い部屋でも、ケージの中でも自分の慣れ親しんだ縄張りではありません。初めての場所でも臆することなく平常心でいられる猫であればケージより広い部屋の方がよいでしょうが、隅っこで小さくなってしまう恐がりさんにはケージの方が安心できるかも知れません。

料金は、たいていのところが1~2泊より長期の方が安くなるようです。人気のホテルは、年末年始、お盆、ゴールデンウィークなどは予約で満杯になりますので、事前に予約が必要です。また最近はライブカメラが設置されていて、滞在している猫の様子がネットで確認できるホテルなどもあります。