ワクワクする話を慎重に発表した任天堂

岩田社長の図

スマートフォンの活用については、慎重に、言葉を選んで発表されました。

非常にワクワクする発表がありました。これはもしかするととても面白いことになるかもしれない、という話でした。2014年1月30日に任天堂は経営方針説明会を行いました。3期連続の赤字が予想されるなかで、任天堂の経営方針に注目があつまり、その是非についても多くの声が寄せられています。

【関連サイト】
2014年1月30日(木) 経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会(任天堂ホームページ)

さてさて、今回のゲーム業界ニュースでは、この発表の中で、あえて控えめに発表して、注目されにくくなったところにスポットライトを当ててみたいと思います。それは、任天堂がスマートフォンでゲームをだすかもしれませんよ、という話です。

もう少し正確に言うと、経営方針説明会では、スマートフォンを通じてユーザーと関係性を強めていく為に2014年にサービスアプリを展開する、そしてそのアプリに関して、ゲームを作るということも選択肢としては捨てていない、というようなことが説明されました。

きわめて慎重な発表の仕方で、任天堂がゲーム専用機のプラットフォームをあきらめたとか、スマートフォンに参入してビジネスを行うとか、マリオシリーズやポケットモンスターシリーズをスマートフォンに投入していくとか、そういう勘違いを生まないよう、控えめに表現されました。

その為、なんとなく報道も控えめで、そんなに面白いことが起こりそうも無い雰囲気で伝わっていきましたが、ガイドはこの話を聞いた時に、相当ワクワクしました。というわけで、なんでこれがワクワクする話なのか、任天堂がどういうことをやろうとしているのか、お話してみたいと思います。

スマートフォン用に精鋭チームを編成

パズドラの図

パズル&ドラゴンズを筆頭として、大量のコンテンツがあふれるスマホのアプリで注目を浴びるのは並大抵ではありません

まず、スマートフォンを活用していくにあたっての、任天堂の姿勢です。任天堂の岩田社長は、経営方針説明会の中で、「コンパクトなチームではありますが、社内の精鋭人材を投じて取り組みます」と説明しました。

任天堂はスマートフォンで何かすれば簡単にユーザーを集められるとは決して考えていません。むしろ大量のコンテンツがあふれるスマートフォンの中にあって、注目してもらい、アプリをインストールしてもらい、それを頻繁に起動してもらうということは容易ではないと考えています。その為の精鋭チームです。

そしてその精鋭チームがスマートフォンでサービスをしていくにあたって、任天堂のキャラクターを使うことも、ゲームを作ることも禁じてはいない、と説明しました。競争の激しいスマートフォンでユーザーの注目を集めるには、任天堂の得意な分野を封印しては勝負にならないかもしれない、と判断しているわけです。

とりあえずスマートフォンに何か出せば注目を集めるだろう、ぐらいに考えているわけではない、というのがまず1点です。そして、もう1つ重要なのは、任天堂がスマートフォンでビジネスをしないと明言している点です。