赤ちゃん猫の肉球はピカピカ
赤ちゃん猫の肉球はピカピカ
肉球のプニプニした弾力、ちょっとしっとりしたもち肌のような感触、肉球のプニプニを触っているとなぜか心が落ちつくのよね~という、肉球フェチが多く、肉球は猫の身体の人気スポットのひとつになっています。

家の中だけで飼われている猫の肉球はスベスベしていて、それほど硬くなくきれいですが、外で生活している猫の肉球はザラザラしていて硬い感触です。

赤ちゃん猫の肉球は滑らかで色も薄めですが、年齢や暮らしている環境によって肉球の色や感触は変わっていきます。
また高齢になると、色素が沈着し肉球にもシミのような色の変化が出ることがあります。 今回は猫の肉球の秘密に迫ります!


肉球にはそれぞれに名前があります

肉球の正式名称は蹠球(しょきゅう)と言います。
前脚には~

1.掌球(しょうきゅう) :前脚の真ん中にある三つ葉のクローバーを変形させたような大きめの肉球(人間の手にひらに当たる)
2.指球(しきゅう) :掌球の外側に5つついている肉球。手の内側の少し下についているのが親指に当たる。
3.手根球(しゅこんきゅう):掌球の上の離れた部分に一つついている肉球。

後ろ脚には~
4.足底球(そくていきゅう) :後ろ脚の真ん中の大きめな肉球
5.趾球(しきゅう) :足底球の外側についている4つの丸い肉球

肉球の名称(キジトラ&白の猫)
肉球の名称(キジトラ&白の猫)