子供が小さいうちは、リビングや食卓で宿題をしている家が多いことでしょう。でも気が散ってなかなかはかどらないことも。そこで子供の集中力が高まり宿題もはかどる、頭がよくなる勉強コーナーを作るリフォームをご紹介します。キーワードは「見守り」ができる間取りです。

コミュニケーションを取りながら勉強がはかどる間取りに

子供undefined勉強undefined間取りundefined成長undefinedリビング

東大生へのアンケートで、子供の頃に勉強していた場所はリビングが多かったという話も。

子供が小学生のうちは、自分の個室で勉強するより、家族がいるリビングや食卓で宿題をしたり、予習復習をしたりする家が多いことでしょう。

統計によると、自室にこもり始めるのは中学生以降が多いのだとか。思春期に入っても、宿題はリビングでしているという話も聞きます。

その点について心理学の専門家に伺ったところ、小学生くらいまでは個室でひとりでするより、親や兄弟とコミュニケーションを取りながらのほうが記憶に残りやすい傾向があるんだそうです。

くしくも以前、あるテレビ番組で東大生にアンケートを取ったところ、「子供の頃に勉強していた場所はリビングが多かった」と回答し、話題になりました。

と言っても、リビングでは子供たちの気が散ったり、文房具が散らかってママがイライラしたりしがちです。そこで、家族でコミュニケーションを取りながら、かつ子供の集中力を高めやすく、そして片付けがしやすい勉強スペースを作る間取りを考えてみましょう。

「見守り」の間取りへリフォーム、和室の勉強コーナーも

子供が勉強をする時間は、たいてい炊事や洗濯など家事をしているタイミングと重なるもの。じっくりそばについて見ていたいのはやまやまですが、なかなかそうもいきません。そこで、家事をしながら様子を見ることができる「見守り」の間取りにリフォームしておけば、効率よく時間を使えるようになります。
子供undefined勉強undefined間取りundefined成長 静音シンク

会話がしやすいよう、水音が響かないシンクを選びたい(美サイレントシンク/クリナップ

まずは炊事から。対面キッチンへのリフォームが子育て世代に圧倒的に人気なのは、料理や後片付けをしながら、いつも見守ることができるからです。その際は、ダイニングやリビングで勉強している子供と会話がしやすいよう、水音が響かない静音シンクを選んでおきましょう。

和室も便利に使えます。畳の上で洗濯物をたたんだりアイロン掛けをしながら、小さなちゃぶ台で勉強コーナーを作るのもいいでしょう。
子供undefined勉強undefined間取りundefined成長 和室で勉強

和室に勉強コーナーを作ると、洗濯物を畳んだりアイロン掛けをしながら様子を見ることができる。

子供の頭がよくなる間取りとは、家事をしながら話しかけることができる「見守り」が可能な間取りのことです。勉強がはかどり、家事効率が上がり、親子のコミュニケーションが取りやすくなります。

勉強コーナーは普段使いのテーブルと分けるのがポイント

ダイニングやリビングで勉強する際の困りごとには片付けの問題もあります。テーブルの上にはいつも文具が広がったまま、食事の時間になっても片付かず、消しゴムのカスが散らかって、そうするうちに教科書にお醤油がついてしまった!なんてことも。

勉強コーナーを作るリフォームの際に注意をしておきたいポイントは、デスクと普段使いのダイニングテーブルと分けるところにあります。スペースを完全に分けることで、食事中の文具の散らかりを防ぐことができ、同じ部屋内でも生活空間と勉強空間を分離することで、けじめがつけやすくなり、集中力の高まりも期待できます。
子供undefined勉強undefined間取りundefined成長 見やすいキッチン

対面キッチンからリビングを見た様子(LIXIL

子供undefined勉強undefined間取りundefined成長 反対側からも見やすい

リビング側から対面キッチンを見る。中央、キッチンの背側が勉強コーナー

勉強コーナーを作る方法は、小さなデスクをキッチンのそばに設置する、対面キッチンのカウンターの一部を使う、壁面収納の一部を利用するなどがあります。どちらにしても、普段家事をしている場所からよく見え、会話をしやすい位置に作りましょう。
子供undefined勉強undefined間取りundefined成長 コンパクトな空間

小さくても機能的な勉強コーナー。収納も忘れずに計画しておきたい(LIXIL

子供undefined勉強undefined間取りundefined成長 カウンターを流用

腰の高さの壁面収納の一部を勉強コーナーに。使わなくなったら収納にできる(モデルハウスに学ぶ!暮らし充実ダイニングリフォームより)

勉強コーナーは、小学生の間だけでなく、大きくなってからも意外と使うものです。以前、ガイドYuuがリフォームを手掛け、リビングに子供の勉強用カウンターを設置した家では、息子さんが大学生になったら、今度は毎朝、野菜ジュースを飲むスペースになったそうです。お母様いわく、息子さんは朝食を食べない分、そこでジュースを飲みながら毎朝ひとこと声を交わすのが親子のコミュニケーションになっているそうです。

子供が大きくなったら、お母さんのミニ書斎にするもよし、扉を付けて収納にするもよし、パソコンコーナーとして使うのもいいでしょう。

子供の頭がよくなる間取りとは、忙しいお母さんとコミュニケーションを取りやすい間取りのことです。リフォームの際は、家事をしながら勉強を見る「見守り」の間取りを意識してみて下さい。

また小さくても機能的な子供部屋を作るアイデアや、勉強がはかどる部屋にするポイントは下記にまとめてありますので、あわせてご覧下さい。
【関連記事】



Copyright(c)2018 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。