ゴルフGTIやR32よりお買い得!?

2004年10月にデビューしたA3スポーツバック。それまでA3には2003年7月に登場した3ドアモデルがありましたが、それよりも全長が83mm伸びました。
アウディA3スポーツバックundefinedインパネ

エアコンは左右独立式。またサブウーハー付き8スピーカーが全車標準装備となります。Sトロニック搭載車にはパドルシフトのほか、アルミパネルも備わります

2006年7月までは3ドアと併売されていたこともあり、「クーペとステーションワゴンの中間」という位置付けに。そこからスポーツバックという名が付けられました。

搭載されたエンジン&ミッションは、2L+6AT/2Lターボ+6速Sトロニック/3.2L+6速Sトロニック。3.2Lモデルはクワトロ(4WD)となります。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、2Lターボ+6速Sトロニックはゴルフ5のGTI、3.2L+6速SトロニックはR32のアウディ版というべきグレードです。

ただし、新車時価格はアウディのほうが上。例えばゴルフ5のGTIが336万円だったのに対し、A3スポーツバックは389万円。同様にR32が439万円で、3.2L+クワトロは475万円。
アウディA3スポーツバックundefinedフロント

写真はマイナーチェンジ後。7つのLEDライトで構成されるポジショニングランプをヘッドランプに内蔵するなど外観の変更と、オプションで「ノーマル」と「スポーツ」の乗り心地を選べるアウディマグネティックライドが用意されました

これは、アウディのほうが高級ブランドであるという位置付けによるもの。そもそものゴルフ5自体が、他のライバル車と比べてかなり高品質ですが、アウディという名を冠する以上、さらにその上のクオリティが追求されたというわけです。

その後1.6Lモデルや1.8Lモデルが追加されていきましたが、この2台はいずれも6速AT。そしてゴルフ6の登場前となる2008年9月にマイナーチェンジが行われ、全車にSトロニックが備わりました。

この時のラインナップは1.4Lターボ+7速Sトロニック/1.8Lターボ+7速Sトロニック/2Lターボ+6速Sトロニック+4WD。1.8Lターボと、2Lターボ+クワトロの組み合わせは、ゴルフ5や6にもありません。

ざっとA3スポーツバックの変遷を見てきたところで、おいしい理由がおわかりいただけましたか。1つは、ゴルフ5や6と中身は同じでも、アウディクオリティを加味されたモデルが買えること。もう1つは、ゴルフにはないモデルが手に入ることです。

具体的に私が目を付けているのは、前期型の2Lターボと3.2L+クワトロ。また後期の1.8Lターボと2Lターボ+クワトロです。

原稿執筆時点で2L+ターボの最安値は77.7万円(2006年式/6.9万km/修復歴なし)、3.2Lは104.9万円(2004年式/5.5万km/修復歴なし)。一方、ゴルフ5のGTIの最安値は70.8万円(2005年/9.9万km/修復歴なし)、R32は109.8万円(2006年式/9.9万km/修復歴なし)。

このように、中古車になると新車時価格の差はどこへやら。だとしたら、アウディクオリティと、さらに台数が少ないという希少さで、私ならアウディを選びます。マイナーチェンジ後の1.8Lターボと2Lターボ+クワトロは、さらに希少価値が上がるというものです。

Sトロニックという、現行型でも採用している2ペダルMTを搭載したモデルです。ゴルフも良いけれど、ちょっとひねってアウディ。最近急速に人気を集めているアウディだけに、そのセンスは多くの知人にもうらやましがられるのではないでしょうか。

このように、しっかり調べてみればお買い得な車種は意外とあるものです。あなたも一度、探してみてはいかがでしょう。

【関連リンク】
カーセンサー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。