「療育センターで言われたのです」。それ本当に、真に受けて大丈夫?

hattatu_t02

子どもの発育は親ならだれでも心配ですよね

一般的に発達障害の可能性が疑われる場合、普通は地区の保健センターから療育センターへ回っていくケースがほとんどだと思います。

療育センターというのは0歳児から学童期までのお子さんの発達について早期発見から療育まで一貫したサービスを行ってくれる施設をいいます。スタッフには医師や看護師をはじめ、臨床心理士、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士など専門分野のさまざまな人たちが揃っています。

対象年齢は施設によってさまざまで、18歳までを対象としている施設もある一方で、成人してしまうと対応してくれる施設は殆どないのが現状です。そのため、まれに小児科などを受診するケースもあるかとは思いますが、本当に発達障害だった場合、最終的には療育トレーニングを受けることになるので、療育トレーニングを受けられる専門機関として最初は地区の療育センターなどの受診を薦められる場合がほとんどでしょう。

ここで陥りがちなのが、保健センターまたは療育センターの担当者の言葉によるトラップです。以前担当したことがある5歳の男児の事例を、今回はご紹介しましょう。

この男児は、少し繊細過ぎるお子さんでした。乱暴なお友達や、その状況を見ていることで不安を感じてしまい、保育園が怖くなり登園拒否傾向が強く出ていました。心配したお母さんが保健センターを受診したところ、療育センターへ回され、そこで担当したスタッフの方から「このままでは、まともな大人にはなれません」と言われて愕然とした、といいます。

療育に携わる方の多くは、お子さんと親御さんの未来のために一生懸命になってくれています。また、このときのやりとりが実際はどうであったか定かではないとも思います。言葉というのは受け取り方がありますから、スタッフの方にそのようなつもりがなくても、相手の方にそう受け取られてしまうことも十分に考えられます。でも、問題は受け取られてしまった場合、その親子の人生を大きく左右するといったことが現実に起こるのです。

発達障害グレーゾーンと診断された場合、陥りがちなトラップとは?