ダウンライトの真下は避けて、顔全体に光を

お店の中など屋内で撮影するときにはライトに注意。部屋全体を明るくする光ではなく、スポットライトのように一部を照らすダウンライトの下は避けましょう。おでこや鼻など顔の高い部分が白く飛んで、目の周りなどくぼんだ部分は真っ黒になってしまいます。照明が全体的に暗めのときは、顔にスポット的な強い光をあてようとは考えずに、顔全体に均等に光があたるように意識しましょう。

NEXT

このページは2012年12月18日時点の情報です