全身撮影のときは基本姿勢で立ち姿美人に

「脚を前後に交差し、重心は後ろ足にのせる」のが基本姿勢。背筋を伸ばして、腰を少し前に出すイメージです。ここで腰を引いてしまうとへっぴり腰に見えてしまいます。カバンを持っている場合は、前の手のひじにかけましょう。あごは、引きすぎず上げすぎずがポイント。鏡でみてチェックしてみましょう。とくに、上げすぎるとエラそうに見えてしまうので要注意です。

NEXT

このページは2012年12月18日時点の情報です