天井から音が降って来る「ドルビーアトモス」

ホームシアターに数年に一度の大変革が!天井から音が降ってくる「ドルビーアトモス ホーム」が登場し、話題になっています。

ドルビーアトモス採用の映画館例

ドルビーアトモス採用の映画館例

そもそも「ドルビーアトモス(Dolby Atmos)」は、映画館(劇場)用に開発された立体音響システム。日本では2013年11月に「TOHOシネマズららぽーと船橋」がはじめで導入し、大きな注目を浴びました。

以降、同システムに対応した映画作品や映画館は順調に拡大しています。既に体験した読者も多いのではないでしょうか?その劇場の感動を、家庭でも楽しめるようにしたのが、「ドルビーアトモス ホーム」です。

今回は、ドルビーアトモスとは?また、楽しむにはどんな機材が必要なのか?専用のソフトを買う必要は?どんなタイトルが楽しめるのか?ドルビーアトモスに関する疑問にお答えします!

「ドルビーアトモス」の仕組みと効果

従来の5.1chや7.1chと言った家庭用サラウンドシステムは、原則、リスナーの周囲を5本~7本のスピーカーで取り囲むように設置し、前後左右に音の広がりや移動感を表現していました。

ドルビーアトモスの音場イメージ

ドルビーアトモスの音場イメージ

ドルビーアトモスは、さらに頭上付近の天井にもスピーカーを追加することで、上下方向の広がりや移動感までも表現可能になっています。つまり、プラネタリウムのように、360度音に包み込まれる、立体音響が体感できるのです!

頭上を飛び交うヘリコプターなどの効果音には、上下の距離感も加わり、軌跡が目に浮かぶような移動感を得る事ができます。

また、派手な効果音だけでなく、上方からも音に包み込まれることで、まるで映像のシーンに居合わせたような空気感を醸し出すなど、より高い臨場感も魅力です。

専門的には、ドルビーアトモスは「オブジェクト」と呼ばれる概念が新しく導入され、音に座標情報を持たせた点が画期的。これにより、大きい映画館でも、小さい映画館でも、その容積や設置されているスピーカーの数に応じてレンダリングすることで、最適な立体音響が再現できます。もちろん、もっと狭いホームシアターにも最適化できる高度な技術です。

ホームシアターで「ドルビーアトモス」を楽しむには、少なくとも「ドルビーアトモス」に対応したAVアンプとブルーレイプレーヤーが必要です。次ページでは、必要な機材の選び方や、対応ソフトをご紹介します。