手作りバンズ&ヘルシービーフで作ったハンバーガー

解説

手間暇かけて作ったこだわりのバンズなど、店名通り人の手の暖かみが感じられる

解説

スタイリッシュでありながらくつろげる店内

こだわりの牛肉100%で作ったハンバーガーのお店。穀物肥育ではなく、本来の牛のあるべき姿、牧草のみを食べて育った牛の肉を使ったパティが売り。もちろん、ホルモン剤などの薬品も使っていません。牧草を食べて育った牛の肉は、脳を活性化すると言われているオメガ脂肪酸が多く、とってもヘルシーなのだとか。シンプルで木の暖かみを生かした店内は、開放感があり、くつろげる雰囲気です。

 

解説

5種類のパンから選べます

The Hand Burgerという名の通り、店内で焼いている手作りバンズは、全粒粉、ドライトマトとオリーブ、ほうれん草とパルメザン等、5種類から選べ、まるでオーダーメイドのように好みのハンバーガーを作れます。ランチタイムには、バーガー+サラダ又はフライドポテト+ドリンクで、10.8シンガポールドルというセットがお得です。

 

ナチュラルビーフがたっぷり!ヘルシーバーガーの味わいは?

解説

オリジナルバーガーのセット。バンズはキャラメリゼオニオン

こだわりのお肉の味を感じたいなら、一番シンプルな「オリジナルバーガー」がお勧めです。ステーキ店のように、焼き方の好みを聞いてくれます。ちなみに、写真はミディアムレアでお願いしたものです。

解説

ミディアムレアの焼き加減もバッチリ

一口食べてみると、店内のオーブンで焼きたての、香ばしくてふんわりしたバンズ味がたまりません。つなぎを使わない、牛肉の旨味が詰まったパティはミディアムレアでお願いした通り、ロゼ色。脂がしつこくなく、すっきりとした印象で、飴色タマネギのソースがアクセントになっています。ちなみに、添えられていた自家製バーベキューソースは、ちょっと甘めなので、お好みでテーブルに置いてある塩こしょうを混ぜて食べてもいいかも知れません。下に敷かれたフリルレタスも瑞々しく、素材にこだわっているのが感じられ、化学調味料を使っていないナチュラルな味わいは、子どもにも安心して食べさせたくなる、素直な味のハンバーガーです。

 

解説

中はほっくり、外はカリッ

セットのポテトは、厚みがあり、中がほっくり、外側がカリッ。さらに軽くチリがかかっていて ビールが進みそうな味です(タイガービール6.5シンガポールドルなども揃っています)。サイドディッシュは色々あり、ランチセットの場合はシーザーサラダを選ぶこともできます。

 
解説

ラムやポークのハンバーガーも

こだわりの牛肉を使ったバーガーが一番の売りですが、宗教上牛肉が食べられない人に配慮して、同じく牧草だけで育てたラム(仔羊)バーガー、フィッシュバーガー、椎茸やレンコンを使ったベジタリアン用バーガーなどが揃っているのがシンガポールらしいところです。期間限定のバーガーなどもあるので、バンズと合わせて、お気に入りの「手作り」バーガーを見つけてみてくださいね。

<DATA>
■The Hand Burger
営業時間:日~木曜11:30~22:00、金・土曜11:30~22:30
住所: 252 North Bridge Road, B1-65/66, Raffles City Shopping Centre, Singapore 179103
電話: +65 6334 4577
アクセス:MRTシティーホール駅直結ラッフルズシティショッピングセンター内
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。