延べ床面積130mの工夫

全国平均の床面積です。ゆったりできるプラスαの空間をつくるには150m2くらいほしいところですが、工夫によっては130m2でプラスαの空間を生み出すことも可能です。
工夫するポイントとしては、次のような点が挙げられます。

・玄関を若干広くすることで、家全体を広く感じさせられる
・階段部分の一部に吹き抜けを設けて、開放感を出す
・中庭など、室内と室外の一体感を生みだす仕掛け
・1階のトイレは洗面との併用も考え広さを演出
・ウォークインクローゼットを設けて、寝室などすっきりさせる
・プラスαの空間として、廊下の幅を広げ書斎などを設ける


undefinedundefined

吹抜けにより開放感を演出


undefinedundefined

広さのある玄関


 undefinedundefined

玄関にシューズクローゼットを併設



ガイド佐川のワンポイントアドバイス

広さや形、大きさをあらわす言葉にサイズ、プロポーション、スケールといった言葉があります。サイズは実用性や機能性との結びつき、プロポーションは全体のつり合い、スケールは感覚的な大きさや長さ、広さのバランスをあらわします。空間を考える時には、常にこの3つを意識して様々な工夫やアイデアを重ねることで、空間は予想以上の広がりをみせてくれます。

(写真はすべて(株)佐川旭建築研究所 設計)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。