粋なり株式会社 坂本さん

粋なり株式会社 坂本さん

Chromeを愛用するプロフェッショナルに聞く、Chromeの効率的な使い方シリーズです。今回は、粋なり株式会社の取締役、坂本さんにChromeの効率的な使い方を聞きました。粋なり株式会社は、人材コンサルティング事業障害者支援事業若年者支援事業の3本柱で事業を行っています。ここでは、坂本さんが業務を円滑に進めるために実践しているChromeブラウザの使い方をご紹介します。

人と接する時間を増やすためにChromeブラウザを効果的に使う

坂本さんの業務は、クライアントとの打ち合わせや学生の就職支援や講義などが大半を占めます。人と接することが重要なので、デスクワークを効率的に行うためにChromeブラウザを使っています。デスクワークが中心でないため、Chromeの標準機能と特定の拡張機能を効果的に使っている印象を受けました。

IEしか使えないサイトを利用する際にChromeアプリの「IE Tab Multi」を活用する

新卒採用サイトの管理者画面等で「IE」しか使えない場合があります。そんなときは「IE Tab Multi」を活用しています。2つのブラウザを利用すると業務効率が落ちるので、なるべく画面遷移をしないように「IE Tab Multi」を活用しています。
※「IE Tab Multi」は互換しないケースもあります。ご注意ください。

情報収集でネットサーフィンをするときにChrome標準機能の「右クリックでGoogle検索」機能を使う

打ち合わせ風景

打ち合わせ風景

仕事柄、クライアントの業界が多岐にわたるため、ネットサーフィンをして業界状況を調べます。その際、GoogleChrome標準機能の指定ワードを選択して「右クリックでGoogle検索」機能を使います。この機能を活用することによりネットサーフィンの効率が上がります。いかに情報収集の質を上げて、クライアントに時間を割くかが重要とのことです。

Facebook通知をChromeブラウザ上で確認する

坂本さんはクライントとの連絡手段としてメールとFacebookを半々で使用しています。そのため、Facebook通知をChromeブラウザ上で把握できる、Chrome拡張機能の「Facebook Notifications」を活用しています。この拡張機能を使えば、ブラウザ上で通知やメッセージが確認でき、Facebookを開く手間が省けます。

坂本さんからのメッセージ

粋なり株式会社 坂本さん

粋なり株式会社 坂本さん

近年の労働市場では様々な問題点が挙げられます。その多くは企業と労働者の認識の違いからきています。両者の認識のギャップを埋め、どちらにとっても最適な環境を作ることが、強い組織には不可欠ではないでしょうか。私たちは事業を通じて、特に入社というフェーズにおいての最適な環境づくりを目指します。より多くの最適な労働環境づくりを行うためにも、効率的にツールを使いこなしていきたいですね。

おわりに

いかがだったでしょうか。今回は、採用コンサルタントの効率的なChromeアプリ・Chromeブラウザの活用方法をご紹介しました。最後までお読み頂きありがとうございました。

本記事を読んで、少しでも役に立ったと思いましたら「はてブ」「Twitter」「Facebook」のボタンをクリックして多くの皆様にこの記事をシェアして頂けると励みになります!




■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。