パソコンを使うビジネスマン

パソコンを使うビジネスマン

グーグルが提供しているブラウザ「Google Chrome」(以下、Chromeと表記)は、インターネットエクスプローラーやFirefoxと同様、常に進化を続けています。ここでは、Chromeのバージョンアップとバージョンダウンをご紹介します。

はじめに  Chromeのバージョンを確認する方法

Chromeの現在のバージョンを確認する方法をご紹介します。確認方法は簡単です。
  1. ブラウザメニューバーの右上にある「三本線」をクリックします。
  2. 「Google Chromeについて」をクリックします。これでChromeの現在のバージョンを確認することができます。「再起動」 をクリックすると、開いていたタブやウィンドウはブラウザで保存され、再起動したときに自動で再び開きます。これでアップデートが自動的に適用されます。
  3. Chromeのバージョン

    Chromeのバージョン
     

Chromeのバージョンアップ

マイクロソフトのInternetExplorer(インターネット・エクスプローラー)などは、ブラウザのアップデートが手動です。(※セキュリティ上の問題でマイクロソフトが特定OSに自動アップグレードを実施することはあります。)しかし、Chromeは、利用できる新しいバージョンを検出すると自動的に更新してくれます。そのため、ブラウザをアップデートする手間が必要ありません。そして、常に最新のセキュリティアップデートが適用された状態を維持します。Chromeの再起動時にバックグラウンドで自動にアップデートされます。

Chromeのバージョンダウン

上記で説明した通り、Googleは自動アップデートを推奨しています。しかし、Chromeをバージョンダウンしたいという方もいると思います。バージョンダウンのメリットとデメリットをご紹介します。メリットとデメリットを考慮した上でバージョンダウンをすると良いと思います。
  • メリット……バージョンアップすることにより、一部のChrome拡張機能(アプリ)が使えなくなるケースが発生することがあります。これを防ぐことができます。
  • デメリット……セキュリティが弱くなる、Chromeの最新機能が使えなくなる。
デメリットでご紹介した「セキュリティが弱くなる」の理由として、バージョンが上がるということは、セキュリティ上の問題を解決したり、Chromeの機能を向上させているためです。

Chromeのバージョンダウン方法

こちらのサイトでChromeの旧バージョンをダウンロードすることができます。ダウンロード後、既にインストールされているChromeをアンインストールします。アンインストール後、旧バージョンのChromeをインストールします。これで旧バージョンのChromeを使うことができます。

自動アップグレードを停止

自動アップデートの停止は、やや上級者向きです。そのため、基本的に推奨しません。しかし、自動アップグレードを停止したいという方もいると思います。一例としてこちらのサイトをご紹介します。どうしても自動アップグレードを停止したいという方は、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょうか。※これは公式にサポートされている方法ではありません。リスクを考慮した上で設定する必要があります。

終わりに

いかがだったでしょうか。今回はChromeのバージョンアップとバージョンダウンをご紹介しました。自動でバージョンアップしているというのは、知っておくと良い知識だと思います。これを機会にChromeブラウザを活用してみてはいかがでしょうか。最後までお読み頂きありがとうございました。

本記事を読んで、少しでも役に立ったと思いましたら「はてブ」「Twitter」「Facebook」のボタンをクリックして多くの皆様にこの記事をシェアして頂けると励みになります!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。