歯科インプラント治療は外科処置だけではありません。最終的な被せ物を理想的な形態で製作して正確に装着したり、実際に生体の一部として機能してからのチェックやメインテナンスまでの総合力がなければ長期予後は期待できません。その中でも、歯科インプラントには天然歯にある歯根膜という緩衝材がないので被せ物を固定するのはとても難しく、歯槽骨と強固に結合しているから遊びが少ない分、わずかなエラーが被せ物に与える影響は大きく、反応も早いのです。被せ物には大きく分けると2つあり、接着剤で固定するタイプとネジで固定するタイプになります。今回は、ネジ固定(以下スクリュー固定)についてお話ししたいと思います。 

インプラント治療でのスクリュー固定のメリット

スクリュー固定のレントゲン

精密にフィットしたスクリュー固定タイプの被せ物が入った状態のレントゲン写真

プラークコントロールが悪ければ、インプラント周囲の歯肉も天然歯と同じように歯肉炎のような炎症を起こします。根を支える歯槽骨の支えがない歯冠に移行する歯肉だけの部分は繊維が付着して細菌の侵入を防いでいますが、天然歯と違いインプラントの繊維製付着は非常にデリケートです。また、天然歯同様、加齢とともに骨も歯肉も痩せてきますし、痩せれば隙間ができてきます。

 
ネジ穴の封鎖

咬む面に空いたネジ穴も審美的な材料で封鎖されているため目立ちません。

しかし、スクリュー固定なら炎症が起こった時に外してその原因を直視して確認することができますし、天然歯では触ることのできない深い部分を清掃したりすることも簡単にできます。周辺環境の変化に合わせて、数年に1度外してリペアすることができるのもスクリュー固定の大きなメリットになります。

 

接着材を使用した固定との違い

メタルフレームにセラミックや合成樹脂で覆われている被せ物の場合、仮止めの接着剤で固定することもあります。最近では様々な理由からメタルを使用せずにオールセラミッククラウンで被せ物を製作する機会が増えてきていますので、その場合は仮止めは不可能になります。しっかりと接着固定させ一体化させることで強度が出るので、仮止めでは材質本来が持つ強度は出ていません。接着剤で固定してしまうと何か問題が生じた時には壊して外さなければならないし、最新の接着材料を使うと、歯肉の深い部分への接着剤取り残しを注意しなければならなくなり、取り残しが原因でインプラント周囲炎が発生するケースも増えてしまいます。

スクリュー固定が審美面に与える影響は?

審美的にも問題ないスクリュー固定

前歯であってもネジ穴が裏側にあれば問題はない。

スクリュー固定の場合は、咬む面に小さな穴が空くことになります。しかし、最新の材料を上手く使えばどこに穴が開いていたかわからない位に綺麗に封鎖できます。むしろ綺麗過ぎて、どこが穴がわからなくなることもあるくらいです。なので、接着式に比べ審美性が劣るわけではありません。デメリットは、技工作業が複雑になるので技工物が高価になることとインプラント埋入手術時の位置が良くなければできないことでしょうか。

インプラント埋入位置を決めるタイミング

スクリュー固定のねじ穴は、奥歯では咬む面の中央からやや内側付近、前歯では裏側になければなりません。その位置がずれると、セラミックの厚みが薄くなり強度が維持できなくなったり、かみ合わせの力が強くかかる部分にネジ穴がきてしまうことがあります。なので突き詰めると、スクリュー固定で被せ物を作るには正確な位置にインプラントが入っていなければならず、インプラントプランニングの時点で適切で、そのプラン通りの位置に正しく埋入するトップダウントリートメントが必須となるわけです。となると、既存の骨が不足していた場合は骨造成しなければならず、骨のある位置にとにかくインプラントを入れて、さあ被せ物どうしようといったボトムアップトリートメントでは不可能なことが多くなります。

原点回帰 スクリュー固定

前歯のスクリュー固定の例

スクリュー固定にすることで、修理もメンテナンスもし易くなる。

もちろん患者様の全身状態やニーズ、症例的に無理な場合もありますし、軟らかい骨に連続で入れる場合は接着の方がいい場合もあります。しかしこの超高齢化社会で20年、30年以上も口腔内で快適に維持させていくためには、スクリュー固定の方がいいのではないかという声が大きくなっています。

インプラント治療が始まった当初はスクリュー固定が中心でした。審美性を追求し、マテリアルの向上とともに接着固定をするようになりました。しかし今、インプラント治療を長く維持管理していくうえで、先々の組織変化に対応しやすく、メインテナンスを考慮していくことを考えると、スクリュー固定へ戻っている歯科医が増えているのです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項