パズドラZ 100万本出荷達成!

3DSの図

スマートフォンで猛威をふるったパズドラが3DSに登場!

2013年の年末商戦における、大きな興味の1つは、「パズドラZ」が売れるか、ということでした。スマートフォンなどのモバイル端末向けゲームアプリとして猛威を振るっているガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下ガンホー)の「パズル&ドラゴンズ(以下パズドラ)」。これが何とニンテンドー3DSで発売されるということで、スマートフォンで人気のゲームアプリがコンシューマーでどれほど売れるのかと、気になっていた人も多かったんじゃないでしょうか。

結論から言いますと、売れました。ガンホーは2013年12月20日に「パズドラZ」の出荷が100万本を達成したと発表しています。実売ベースでも初週で50万本を突破。クリスマス直前のさらなる需要増を考えると、実売の方もさらにここから伸びていくことが想定されます。

もちろんスマートフォンでの知名度があればこそではありますが、それでも初週50万本以上って、ちょっとすごい数字です。そして3DSで売れたということは、ただ単にパッケージでも儲けが出たという以上のことを意味します。

狙っていたのは低年齢層

パズドラZの図

デザインのトーンも、子ども向けを意識している印象

そもそもなんで、スマートフォンで基本無料なものを希望小売価格4,400円も払って遊ぶ人がそんなにいるんでしょうか。重要なのはターゲットです。パズドラZは最初からかなり明確にユーザー層に狙いをつけて展開していたタイトルでした。

パズドラZは1番最初の発表時点から、「月刊コロコロコミック(以下コロコロ)」との連携を打ち出していました。パズドラZを制作しているという発表はWeb上で行われましたが、その時点から詳細情報はコロコロでと、コロコロコミックでの展開を打ち出していました。ちなみにその時の煽り文句が「宇宙最速情報をチェックしよう!」というもので、完全に小学生を意識していたことが伺えます。

つまり、スマートフォンを持っていなくて遊べない、あるいは両親のを貸してもらうぐらいで自由に遊べない、だけどこれだけ流行ってCMもやっていると遊びたくなる、そういう小学生あたりの低年齢層をターゲットにして、クリスマスプレゼント需要や、あるいは年明けのお年玉需要をもくろみ、年末商戦に投入したと思われます。

そして初週50万本以上という結果をみる限りは、その試みは成功したと言えそうです。かなりの数の子ども達がパズドラZを遊んでいることは疑いようもありません。そしてこのことは、スマートフォンのパズドラにも影響していくと考えられます。