浅間温泉とは

浅間温泉

温泉街入口の看板も北アルプスの形をしている浅間温泉

浅間温泉は、長野県松本市にある大温泉地です。信州で浅間というと、どうしても浅間山を思い浮かべてしまいますので、念のため申し上げました。観光協会でも同様の配慮から「松本あさま温泉」と称する場合もあるようです。

温泉自体は古い歴史がありますが、昔は殿様専用の温泉であったので、温泉地として発展したのは明治以降ですが、古くからの建築を残した老舗宿も多く、映画やドラマのロケ地になったりしています。温泉街が坂道にある事から、各宿からの北アルプス方面の展望に優れる事で知られており、温泉街入口の看板も、写真の通り北アルプスの形になっています。

今回は松本市の奥座敷、浅間温泉を紹介します。


浅間温泉の源泉、泉質

「ホットプラザ浅間」前の足湯

市営温泉会館「ホットプラザ浅間」の前にある足湯

浅間温泉には源泉が多数ありますが、泉質的にはアルカリ性単純温泉です。湧出温度も、丁度入浴に適した温度で湧いている事が特筆されます。

足湯は市営温泉会館「ホットプラザ浅間」の前にありますが、「ホットプラザ浅間」の定休日には、足湯も休みです。

 
次ページで、浅間温泉の旅館・入浴施設をご紹介します。