本番を意識して、体と心を整えながら受験の準備をする


冬は寒暖差や空気の乾燥で体調を崩しやすいので、生活や健康の側面にも気を配りましょう。人によっては、焦りや不安が出て眠れなくなったり、深夜遅くまでつい無理して勉強したりするなど、生活リズムが崩れると健康を乱しがちです。今の時期に体を壊してしまうと、逆に大きなロスになります。体調が悪いときは快復するまで、思いきって丸1日休んで再スタートすることも考えましょう。

勉強の途中で煮詰まったら、目先を変えて別の科目にチェンジする。あるいは、大学のパンフレットなどを開いて、合格した後の楽しい学生生活をイメージするなど、気持ちを前向きに保つ工夫も大事です。心身ともに万全の状態で試験に臨めるように、今までやってきたことが合格へとつながると信じて、焦らずに少しずつ前に進みましょう。

そして保護者の方は、お子さんが試験本番まで無理をせず生活リズムを保てるように、側面からサポートしてあげてください。目標は「最終的に本番で実力を出し切ること」にあります。入試まで最後の2カ月ほどの短期間。もう一度気持ちを引き締めて取り組みましょう。

▼大学進学の情報収集は、大学パンフレットの請求からスタート!▼
大学パンフレットは、インターネット版「逆引き大学辞典」から請求しよう!
→請求はコチラから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。