今ある学力を定着させる「理解と整理」でしっかり実力をつける

説明画像

一般入試へのラストスパート。憧れの大学をめざし、もうひとがんばりしよう。

一般入試シーズンまで約2カ月を切り、受験生の皆さんは、模擬試験での志望校の合否判定にナーバスになる時期ですが、弱気は禁物です。後ろ向きの気持ちで、すでに終わった試験の結果や判定を気にしても仕方がありません。受験当日に向かって、前向きに準備をしましょう。

とはいえ、特別に今までと変わったことをする必要はありません。基本は過去問題を中心に今までの参考書、問題集を使って習熟度を上げ、志望校の傾向の把握と対策法について理解を深めること。ついつい新しい参考書に手を出したくなる気持ちもわかりますが、それは得策とはいえません。同じ問題集を何度も解いて、理解と整理の精度を上げるほうが確実です。

勉強方法を大きく変えるのもおすすめしません。無理に背伸びしても、本当の実力はなかなか身につかないもの。理解できないことが、かえって焦りにもつながります。ここまで来たら本番で実力を発揮できるように、手持ちの参考書で基礎知識を固め、取れる点は確実に取れるように何度も補強していきましょう。反復して行うことで安心感が増えますし、本番で「使える」実力も自然についています。

次ページ:チャレンジ校の過去問題の繰り返し練習で自信をつける